サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS イーストベイの「スノール地区の荒野」をハイキング♪

<<   作成日時 : 2017/04/21 00:56   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

先日、イーストベイ(East Bay) にある「スノール地区の荒野(Sunol Regional Wilderness)」という所でハイキングをしてきました。

画像

カリフォルニア州のサンフランシスコ湾の周り一帯は、ベイエリア(Bay Area)と呼ばれます。

西側の半島の部分はペニンスラと呼ばれサンフランシスコ、サンマテオ、パロアルトやサニーベールなどの町があります。東の陸側はイーストベイと呼ばれ、サンノゼ、フリーモント、オークランド、バークレーなどがあります。もう少し東の陸に入るとプレザントンやリバモア、ダブリンなどがあります。

さて、「スノール地区の荒野」は↓の地図ではちょうどサンノゼ(San Jose)とプレザントン(Pleasanton)の間にある緑色の部分の自然公園です。


このハイキングは、サンノゼに住む元日本留学生(エックスリュー)のベトナム人が毎月1回集まるハイキング会ででした。エックスリューは1975年までに日本に来た学生なのでもう60代70代のお年寄りばかりです。

今回の参加者は17人くらいでしたが今回は誰かの子供も参加して数人若い人たちも交じっていました。

朝9時に集まって、朝ごはんとピクニックランチ付きで一人7ドルです。朝には↓このようなサランラップに包んだおにぎりのようなものが手渡されました。一瞬これで足りるかなと不安になりましが、食べてみると中には豆と挽肉が入っていて結構食べでがありました。ご飯の部分はもち米です。飲み物は各自水を持参です。
画像


さてお腹も十分満たされたことだし、出発です。
画像


まずは丘というか小山を一気に上がります。左右ジグザグに上るのではなく一直線なので結構きついです。遠くの方にいま来た駐車場が見えていますね。
画像


ワイルドフラワーがたくさん咲いていると聞いて期待したのですが、まあチラホラというところでした。黄色い花はカリフォルニアポピーです。
画像


このような道をトコトコ歩き・・・
画像


ちょっと横道に逸れると崖っぷちのようなところに出ました。ここには柵も何もなく自分で気を付けなければなりません。

下を眺めると舗装された道路に沿って渓流が見えます。この辺りはリトルヨセミテと呼ばれています。谷間と大岩の多い渓流がちょっとヨセミテに似ているというつもりだそうです。
画像


しばらく歩くと先ほどの舗装された道路に出ました。渓流はアラメダクリーク(Alameda Creek) という名前です。今年は雨が多かったので水も多く流れも速いです。
画像


公園は時々このように馬に乗ったパトロールの人が見回っています。この舗装された道は平らなので、子供連れを含めて人が多いです。
画像


茶色の馬さんのはるか向こうの岩をよく見ると人が見えます。ハハ〜ン、さっきこちらを眺め下したのはこの岩の上からだったんですね。
画像


この日は土曜日でお天気も良かったので追加の駐車場もいっぱいです。さてここを通り過ぎもと来た駐車場の近くでお昼です。この日は5キロ余り歩きました。それほど長い距離ではなかったです。
画像


いつもこのハイキング会を計画しているBさんは、今回はなんとプロパンガスのタンクとコンロまで持って来て料理にとりかかりました。
画像


今日の料理はベトナム風ファヒータ(Fajita)です。まさにベトナムとメキシコのフュージョン料理ですね。トルティーヤが敷いてあり、トルティーヤを巻いて手に持って食べます。

櫻弁当はアンザックビスケットを焼いて持っていきました。アンザックビスケットはなかなか好評でした。
画像

この毎月のハイキング会は、ここ2〜3年ほど先ほどのBさんが中心になって行われています。ベイエリアにはこういう風なアウトドアを楽しめる場所がいくつもあります。Bさんはまず自分で行ってみて、毎月一回どこそこで集まろうとお知らせをくれるのです。食べ物の手配や何かを考えると、毎月はなかなか大変なことだと思います。

参加すると面白いのでしょっちゅう行きたいところですが、サクラメントからベイエリアまでは250キロ近くあるので毎回参加はなかなかできません。ハビーは他のエックスリューと交流するため年に1〜2回行っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ〜気持ち良さそうですねぇ。
サンノゼ、フリーモント、オークランド、バークレー…聞いた事あります!
ballomam
2017/04/21 10:55
ballomamさん、

ハイキングはいいですよ〜。歩くだけですからそんなに体力も要らないし、気持ち良いです。
ベイエリアは有名な町がたくさんありますから。
櫻弁当
2017/04/21 12:19
ベイエリアの地図を詳細に見るのは初めてのような気がします。こういう位置関係になっていたのですね(^-^;
サニーベール懐かしいですねぇ。
ペニンシュラ、九龍の半島酒店(ペニンシュラホテル)を思い出します。
最近はどうも思い出の中に生きているようでいけません(笑)
みなさん僕と同じ年代なのにお元気ですね。
僕ももっと若い頃からハイキングを好きになっておけばよかったかも
250kmはちょっと遠いけど、こういうフィールドがあって、親身に企画してくれる幹事さんがいるというのは有り難いことですね

2017/04/21 20:10
おっかを越えいこうよ〜、口笛吹きつーつ
とはいかない結構な道ですね〜
急坂はジグザグに歩くと少し楽なんですよ。
250キロって? うちからだと静岡までの距離でした。
これはしょっちゅうはしんどいかも。
コマダム
2017/04/21 21:08
達さん、

はい、こういうふうになっているのです。ベイエリアはたまに行くといいですね。自然も豊かだし、気候も穏やかだし、東洋人も多いし(トランプみたいなのが大統領になってしまったので、白人至上主義にも気を付けないといけません。)活気があるし・・・でも、人が多すぎて落ち着きがないとも言えます。(笑)
思い出の中に生きているのは、言い換えれば経験が多いということですね。
ハイキングは別に無理して長距離を歩かなくても、ちょっとずつ歩けば慣れます。達さん、今からでも遅くはないです。特に京都辺りだと歩けるところがいっぱいありますね。
Bさんは、誰に頼まれるでもなく、ボランティアで毎月ハイキング会をしています。えらいものだと思います。
櫻弁当
2017/04/22 07:48
コマダムさん、

まず最初にいきなりの上り坂で、これはちょっとヤバいかもと思い始めたところで道は平らになりました。(笑)
250キロもあると、毎回はとても無理ですね。ベイエリアにはエックスリューはおそらく100人近くいるかもしれません。でもハイキング会の常連は今回来ていた10人あまりみたいです。
櫻弁当
2017/04/22 07:58
250kmはちょっと、いやかなり遠いですね〜
でも、とても楽しそうで参加したくなりますね
天気もいいし景色もいいし、坂道はあっても5km位なら歩けそうです(ゴールでの食事に釣られて、必死に歩くのよ〜 汗)
毎回こんなおもてなしでしょうかね? お世話の方も大変そう!
マーシャの乳母や
2017/04/26 21:00
マーシャの乳母やさん、

サクラメントから日帰りする人もあります。でも、うちはそんなに車の運転が好きでもないので、いつも誰かの家に一晩泊めてもらっているのですよ。(汗)
5キロは軽いですよ。人としゃべりながら歩くとますますすぐ着きます。(笑)
今まで3〜4回、ハイキング会に参加しました。今までは、近くのお店に行ったり持ち寄りピクニックでした。でも聞くところによると、プロパンガスのクッキングもよくやるのですって。大したものだと思います。
櫻弁当
2017/04/27 10:22
素敵なところです!人生をたのしまないといけないですね。
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/04/29 10:58
FREEHAND(ベランダ主夫)さん、

ベイエリアにはこういうハイキングのできる場所がいくつもあります。Bさんのおかげでそういうことがわかりました。自分の住んでいるサクラメントはどうなのか、あまり詳しくないのです。(笑)
櫻弁当
2017/04/29 12:38
こういう素敵なお写真拝見してると、自分のちっぽけな悩みがぶっ飛びます。ハイキングいいですね。憧れます。
うき
2017/05/08 15:02
うきさん、

ハイキングはいいですよ。私のように特別運動神経が発達していなくても十分楽しめます。それに歳にもあまり関係なくリタイアした後からでも始められます。
うきさんもいつか時間ができた時にご主人といかがですか。
櫻弁当
2017/05/09 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
イーストベイの「スノール地区の荒野」をハイキング♪ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる