サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年4月下旬の裏庭

<<   作成日時 : 2017/05/02 02:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

我が家と左隣の敷地の間のフェンスには元気の良い蔓バラが何本か絡みついていまして、

画像

4月下旬から5月にかけて、一斉に花を咲かせます。

画像

花の大きさは直径6〜7cmでとても良い香りがします。品種名はニュー・ドーン(New Dawn、新しい夜明け)ではないかと思われます。

画像

もともと植えてあるのは隣の敷地です。先代と現在の隣人は枝が伸びるのは嫌なようで、毎週来る隣の庭師は隣の方の枝をバサバサ切り詰めます。「先代と現在の」というのは櫻弁当たちが引っ越してきて以来、今で三つ目の家族だからです。そんなに嫌なら抜けばよいのではと思うのですが、人の土地に侵入しフェンスの目隠しになるのは構わないみたいです。

そんなことで、バラはうちの敷地に向かって伸び花をいっぱい咲かせます。あまり放っておくとジャングルになるので、一年に1〜2回うちの方でも切り戻します。

画像 
サクランボは今のところ順調そうです。
我が家の場合、鳥や虫でいつ消えてなくなるか
全く油断できないのです。


画像
シラン(英名、Bletilla)
こちらでも温暖なところでは割によく植えられています。


画像
アーティチョークの葉にとまるテントウムシ


<おまけ> − どうしても食い気にはしる話

あのたくさんのバラの花を見ていると、これは食べられるだろうかとふと思いましてね。
画像

花を50ばかりむしり取って、ジャムにして・・・
画像

食べてしまいました。( *´艸`)

お腹は壊さなかったけれど、バラの花はジャムにして食べるほど美味しいものではありませんでした・・・

ローズジャムに関連する雑学:
インドでは、バラの花びら(ダマスクローズがことに適する)と花びらの二倍の重量の砂糖を混ぜたものを瓶に詰め、3〜4週間太陽の光にあててジャムを作ります。このジャムはグルカンド(Gulkand)と呼ばれアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)ではピッタ(Pitta、熱)から生じる炎症、疲れ、痛み、痒み、のぼせ、悪臭のある発汗などなどに効き目があると言われます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
サクランボにシラン♪気候はこちら(姫路)と同じくらいでしょうか?
お風呂に浮かべてバラ風呂はいかがでしょう?
ballomam
2017/05/02 13:32
New Dawnというバラの名前に反応してしまいます。
素敵な名前ですね。とてもファンタジックです。
本当に櫻弁当さんは、子供のような好奇心をお持ちですね。
食欲というよりも好奇心が、バラの花のジャムを作らせるのだと思います。
バラと紅茶のブレンドしたものを友人が販売しています。
同じもの作ってもらいたいと、思いました。
薔薇茶です!
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/05/02 16:00
バサバサ切ってもこんなに花をつけているなんて、かなり強健な品種なんでしょうね。
ポプリではなくって食べる方へ向かっていく、さすがです
コマダム
2017/05/02 21:24
さすが櫻弁当さん! これだけ沢山咲いているとやっぱりソッチ系の考えが浮かびますね(ニヤリ
バラジャムってお高いのよ〜
小瓶(大さじ1くらい)に入って6〜700円
それをパンにドン!と乗せてパクッ!太っ腹やねぇ!
って、、、、苦かったでしょう?(笑
ほんの少し紅茶に入れたり、刻んでクッキー生地に混ぜるのが正解っぽいよ〜(香りを食べる、ってやつですね)
マーシャの乳母や
2017/05/02 23:48
ballomamさん、

レモンも育つし、今頃は気温的には似ています。でも、夏は暑くて乾燥しています。
お風呂!なるほどね〜。
櫻弁当
2017/05/03 11:03
FREEHAND(ベランダ主夫)さん、

ニュー・ドーンっていい名前ですよね。確か1930年に交配された品種です。でも今でも蔓バラとして売られていて人気があるそうですよ。
いくら好奇心が強くても、キノコとか危ないものには手を出しません。(笑)
バラと紅茶のブレンド!これもなるほど〜。紅茶によってはフローラルというかバラに似た香りのものがありますね。それをもっと強くした風味なんですね。やってみよっと。
櫻弁当
2017/05/03 11:16
コマダムさん、

お隣はバサバサ切るくらいだから肥料をやっているとも思えません。でも、極めて丈夫です。もしそのままにすると木にも登るし、すごいことになりそうです。
ポプリ!これもやってみよっと。
櫻弁当
2017/05/03 11:22
マーシャの乳母やさん、

やっぱりソッチです。やはり、食い意地が張っているのでしょうか?
バラのジャムってそんなに高いのですか。そうそう、香りはとても良いのです。でも、苦みもあるし、口当たりがタケノコの皮を茹でたみたいなというか、花びらなのにギシギシしているんですよ。
なるほどね〜、香りを食べる!のですね。バラクッキーも面白そう…
櫻弁当
2017/05/03 11:30
蔓バラに罪はないので許してあげて下さい。
しかしこれだけ咲くとすじょうはどうあれ小気味がいいですね♪

櫻弁当さんは何でも食べてしまう人ですね(笑)
こう言う実験は大概美味しくないのが相場ですが、そう思っていてもトライする精神は、僕が不味いと分かっているお店に敢えてトライする精神と相通じるように思えて、同志的連帯感を禁じ得ません

2017/05/04 22:54
達さん、

毎年とてもきれいに咲いてバラには文句はありません。(笑)先代の隣の庭師は、フェンスの上からチェーンソーで枝を切り、こちら側に落としたままにするので困りました。
きっと食い意地が張っているのでしょう。たとえ飢饉になっても何か食べられる物を見つけて生き延びるだろうと自分でも思います。(笑)
そうでしょう?不味いとわかっていてもやっぱり不味いと納得しないといつまでも気にかかりますから。
櫻弁当
2017/05/05 07:28
ローズジャム、なんてロマンチックな響きなんでしょう。一口食べれば、薔薇のような頬になれそう、、、なんてちょっと空想の世界へ飛んでいきそうでした。でも、お味はあんまりなんですね。。。おかげで現実へ帰って来ました(笑)
(*/□\*)せつない〜
うき
2017/05/08 14:47
うきさん、

私もそう思ったんですよ〜。匂うような美女に変身しないかな、なんて思ったりして。
でも、やっぱりなぜバラのジャムはあまり売られていないか、なぜイチゴジャムのほうが一般的か、試してみてわかりました。物事にはそれぞれ理由があるものです。(笑)
櫻弁当
2017/05/09 12:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年4月下旬の裏庭 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる