サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 一番下の義妹とその家族がついにUSに移住♪

<<   作成日時 : 2017/06/13 01:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2017年6月上旬のとある日、ハビーの一番下の妹とその家族がベトナムからUSに移住しました。

ハビーが妹の移住を申請してから13年目になります。長い間、来れるのはいつになるのかわからない状態でしたが、ついにその日は来ました。これからサクラメント空港に迎えに行くところです。

画像
畑の真ん中にあるサクラメント空港

USから外国にいる家族を呼び寄せる場合、厳密な優先順位があります。一番優先されるのは20歳以下の結婚していない子供で、配偶者、親、21歳以上の子供、結婚した子供と続き最後に姉妹兄弟になります。

USにはそれぞれの国から1年に何人の移住者を受け入れるかという割り当てがあります。ベトナムにはUSに移住したい人が大勢います。したがって、受け入れの割り当てよりも申請する人がはるかに多いので、優先順位の低い兄弟の場合には10年以上はかかります。

そういうわけで13年もかかりました。申請して5年目に移住許可が下り、その後順番待ちでした。

移住者の身元や移住先で面倒を見るスポンサー(つまりハビーのこと)もしっかり調査されます。USの現大統領が、「USには身元のわからん移民が注ぎ込んでいる」などというのは嘘っぱちです。

画像
空港の待合所に降りてくる義妹たち
疲れた顔をしています。

義妹たちはやっとこの4月にUS大使館で面接して入国のビザがもらえました。

残念だったのは義妹の27歳になる娘です。呼び寄せの兄弟の子供は22歳未満まで一緒に来れるという取り決めがあるのだそうです。

申請して許可がでるまで5年かかったので5年差し引いて計算しますが、それでも22歳になるので一緒に来れませんでした。面接が6か月早ければ一緒に来られたそうです。

義妹の息子は22歳です。が、5年の余裕があるので大丈夫でした。しかし、大学の工学部の4年目もほぼ終わり、後実習さえ済ませれば卒業できるところでした。ところが、あの大統領はいつでも気が変わってビサを取り上げるかもしれないと恐れて、大学を中退して来ました。

不幸なことに、あのわけのわからない大統領の影響はこういう身近なところにも出てきます。

画像
翌日カリフォルニア州会議事堂を訪ねました。

三日目はサクラメントに住んでいる兄弟たちが集まりパーティをしました。

ハビーは7人兄弟で、一人はかなり前に亡くなり、今は自分も入れて兄弟3人姉妹3人です。長兄はカナダに住んでいます。他の5人はみなサクラメント周辺に住んでいます。兄弟5人もが車で簡単に行き来できるところに住んでいるというのも、考えてみれば大したものです。

これでハビーの身近な家族は全員USに移住しました。

画像
パーティの食べ物
ビュッフェ式

義妹は50歳半ば、義妹の夫は60歳過ぎです。なじみのない外国に移住するには決して若いとは言えません。

難しいこともあるでしょうが、自分がしたかったことをやり遂げられるよう、頑張ってほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ロシアゲートであの方が更迭されることを願います。
希望や夢を持って行動することは素敵だと思います。
10年以上もモチベーションを維持してこられたのですから、きっと幸福は一緒についてくるものと思います。
健康でいていただくことが、同じ地球に住む人間の最初の一歩だと思います。肉体的にも精神的にも健康であれば、何とかなるかもしれないと思う日々です。
人の幸福は明るい光を発するものだと思います。その光はかすかであっても、誰かの足元を照らしてくれる光であることに違いはありません。
ご多幸をお祈りいたします。(笑)
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/06/13 11:50
申請から13年ですか!!
移民問題は日本ではまだ遠いところのお話!ってイメージですが・・・これからきちんと考えていかなければならないですね。
トランプさん・・・問題ぞくぞく出てきそうですね。
ballomam
2017/06/13 13:18
気の遠くなるような時間ですね。
それでもUSに移住したいという気持ちには僕達には計り知れない切実なものがあるのでしょうね。
移住された義妹さんのご家族のUSでの幸せを祈ります。
USの移民の優先順位は初めて知りました。1つの家族にとって、そこには厳しい現実があるのですね。
ハビーにとってはこれで一安心と言ったところなのでしょうか。家族が近くにいるということは幸せなことです。
櫻弁当さんにとっては、これでますますベトナムは遠くなってしまいましたね。

2017/06/13 13:35
FREEHAND(ベランダ主夫)さん、

あの方、私もそう思っています。
いつか行けるだろうと思って13年過ごしました。こんな風に法律に従って待っている人が大勢いるのに、前大統領が不法入国者にも永住権や健康保険を与えたいと言い出したときは、がっかりしましたよ。だからその揺れ戻しが大きく出たのです。(と、思っています。)
ありがとうございます。元気でいれば困難も何とか切り抜けていけると思います。
特に義妹の息子はやる気満々元気いっぱいです。(笑)
櫻弁当
2017/06/14 08:52
ballomamさん、

ベトナム人はことに移住を申請している人が多いです。だから余計時間がかかります。それでもUSはパラダイスと思っているふしがあります。外国で働いて生活していくのは思うほど簡単でもないのですけどね。
あの方は最低です。
櫻弁当
2017/06/14 10:14
達さん、

ありがとうございます。
この義妹は始めから自分はベトナムに残ると決めていました。でも、ほかの兄弟が全部移住してしまったのと、子供たちの将来のためにはUSで教育を受けるほうがよいのではないかと思い始めてやっと申請しました。でも13年もかかるとは思ってもみなかったようで、子供たちもみな大きくなってしまいました。
ハビーはもうすることはしたという気持ちです。この後は来た人自身が頑張るほかないです。
まだ姪っ子が一人残っているので時々見に行かねばなりません。(笑)
櫻弁当
2017/06/14 10:26
申請から13年ですか! 
時間をかけて本気度を確かめている訳ではないでしょうが、気が遠くなるようです
今年か、来年か、、、と思いながらの生活は仕事や子どもの教育など難しかったでしょうね
馴染みのない土地での新生活がうまくいくことを願っています
マーシャの乳母や
2017/06/21 15:39
マーシャの乳母やさん、

ベトナムにはUSに移住したい人たちが極端に多いので、移民の割り当て数を大幅に上回り、こんなに長く待たされるのではないかと思います。でも、理由は何にしろ気が遠くなりそうな時間です。
ありがとうございます。今は、真ん中の義妹のところに住んで、いろんな書類手続きや運転免許、銀行口座を開設したり頑張っています。
櫻弁当
2017/06/22 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
一番下の義妹とその家族がついにUSに移住♪ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる