サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 野菜の冷やしスープ「ガスパッチョ」♪ − スペイン料理

<<   作成日時 : 2017/07/21 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

皆様、スペインの冷やしスープ、ガスパッチョ(gazpacho)を召し上がったことはありますか?櫻弁当はガスパッチョはもう何十年も前から知っていました。でも、野菜をブレンドしただけのスープと聞くと今一つ食指が動かず、最近まで食べたことがありませんでした。でも、ユーチューブなどの

画像

レセピを見るとさもさも美味しそうに言っているし、これはひとつ食べてみなきゃこれまで好き嫌いがないことを自慢していた櫻弁当の名が廃ると作ってみました。(まぁ、そんな大層なことでもないけど…(笑))

作った感想は、超簡単。食べた感想は、想像した物とはちょっと違っていて、夏向きのとてもスッキリさっぱりとしたスープでありました。暑くて食欲のない時にも良さそうです。

ガスパッチョ − 2食分

材料:


・ トマト − 中1個(150グラム) − ざく切り
・ ピーマン − 半個(25グラム) − 内部の膜や種を除いてざく切り
・ 赤パプリカ − 半個(25グラム) − 内部の膜や種を除いてざく切り
・ 玉ねぎ − 少々 − 好みで10〜30グラムくらい − ざく切り
・ ニンニク − 少々 −好みで小さめのひとかけらの半粒から一粒くらい
・ キュウリ − 5〜6cm(50グラム) − ざく切り
・ パン − バゲットなら2cm厚さ、食パンなら二分の一枚 − 1cm角に切る
・ 水 − 80cc
・ ワインビネガー − 小匙1杯 − なければ米酢で代用
・ 塩 − 小匙四分の一杯 + 適宜
・ 砂糖 − 小匙四分の一杯
・ 胡椒 − 少々
・ オリーブ油 − 大匙1杯 + 適宜

手順:

・ あしらい用に、材料の野菜の角切りを少し別にとっておく。
・ あしらい用に、分量のパンの角切りから少々とって、中火で小匙1杯のオリーブ油で2〜3分カラッとするまで炒めてクルトンを作る。
画像

・ ざく切りした野菜類の分量の割合は、大まかに言って、容量がトマト4、ピーマン1、赤いパプリカ1、玉ねぎ1、キュウリ2くらいです。分量の割合は多少変わっても、融通がきくので大丈夫です。
画像

・ 玉ねぎとニンニクは好みの量を入れて下さい。ネギ味があった方が美味しいので、玉ねぎやニンニクが苦手な方は青ネギを少々入れて下さい。
・ 野菜類、水、パン、ワインビネガー、オリーブ油大匙1杯をフードプロセッサー(またはミキサー)に入れ数分プロセスする。途中で時々止めて容器に付いた野菜を戻して下さい。
画像

・ 胡椒と砂糖を加える。塩は小匙八分の一杯ずつ加えはプロセスし、何回も味見をしながら好みの味に調える。
画像

・ ボウルか容れ物にとって蓋をし、数時間から翌日まで冷蔵庫で冷やす。しばらく置いた方が味が馴染んで美味しくなります。
・ 頂く時に、器に入れた後取り除けておいた野菜、クルトンと氷を一かけ浮かべオリーブ油を小匙1杯くらい垂らします。


画像

ガスパッチョはかなりドロリとしていて、これもスプーンですくって食べるスープです。意外にも混ぜ込んだパンの味はほとんどありません。

動物系の出汁は全く入らないので、野菜の新鮮さが味の決め手になります。夏野菜がたくさん採れた時にも良さそうです。

ここで作ったものはオレンジ色です。水の代わりにトマトジュースを加えるともっと赤くなります。トマトジュースを使うときはトマトジュースに塩気があるので塩は少なめに入れて下さいね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうスープって日本のレストランでは日替わりスープ的に使われている可能性がありますね。
だから意識して飲んだことはないけれど、もしかしたら口にしたことはあるのかも。
近頃は滅茶苦茶暑いからさすがの僕も食欲減衰甚だしくて、お昼ご飯なんか食べる気がしないので(ホント)これにご飯を入れて冷やしリゾットのようにして食べるとよいかも知れませんね。
焼いたお餅を乗せても美味しいかも。

2017/07/21 10:17
達さん、

一日前に作っておけるし、たしかに日替わりスープで出てくる可能性はありますね。
このスープは、何と言えばよいのか、ちょっと酸っぱみがあるので二杯酢で作った野菜ジュースと言う感じです。(笑)
ご飯を入れてもよさそうだし、ちょっとタバスコを落としてピリ辛にしてもよさそうだし、お餅もよいかもしれません。達さんのことだから、いろいろなアイデアが出てきそうですね。
食欲減退対策にはもってこいだと思います。
櫻弁当
2017/07/21 12:51
クルトンを省けば 本当に火を使わないんですね。
酸味があるということなのでどろりとしている割にはさっぱりとしたお味なんでしょうね。
分離はしないんですか?
本日、ミニ、中玉トマトがたまりすぎて、(明日も間違いなく収穫してくるだろうから) トマトソースを作りました。
いやー、暑かったですね。
まぁこれでだいぶ消費できたからいいかな
コマダム
2017/07/21 15:14
コマダムさん、

クルトンは、面倒だったらパンをトーストして角切りにしてもよいんじゃないかと思います。
はい、オリーブ油が入ったり見かけの割には(笑)とてもさっぱりしています。何となくマイルドな二杯酢を飲んでいるような味です。
濃度があるからなのか、一晩冷蔵庫に置いても分離しませんでしたよ。
コマダムさんのお宅ではトマトがたくさん採れてうらやましいです。我が家では小さい実がやっと見え始めたところです。多分8月の終わりくらいには熟すかなというところです。
ガスパッチョはトマトを一番たくさん入れます。自家製のキュウリと一緒に、一度ガスパッチョをお試し下さいね。
櫻弁当
2017/07/22 06:10
お野菜が一杯入っていて身体に良さそうですねぇ。。
だんだん「そうめんでいいや!」になってきました。。
ballomam
2017/07/24 15:05
ballomamさん、

なんか要するにサラダをプロセスして液化したみたいなスープです。(笑)
そうめん、食べやすいけれどそれと植物繊維と動物タンパクもほしいところですね。
櫻弁当
2017/07/25 11:26
しっかり煮溶かした野菜スープを冷ますのかと思ったら、火は使わないんですね
これなら作るのも楽でいいです 夏の料理はいかに火を使わないか!ですからね〜
マーシャの乳母や
2017/07/29 22:04
マーシャの乳母やさん、

そうなんですよ。ただ潰すだけです。それで美味しいのかな〜と疑問だったのですが、食べてみないとわからないのでやってみたら、思っていたのとまた違った味わいでした。
これは、ほんとに夏向きです。
櫻弁当
2017/07/30 10:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
野菜の冷やしスープ「ガスパッチョ」♪ − スペイン料理 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる