サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS フォー・キング2のベトナム冷麺「ブンチャー・ハノイ」♪

<<   作成日時 : 2017/08/08 11:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、ちょっとサクラメントの南の方に行かなければならない用事がありました。その近くにはリトル・サイゴンと呼ばれるベトナム地区があって、そこでお昼をたべることにしました。いつもは

フォーやブン・ボー・フエ(フエのビーフヌードル)などを注文しますが、今回は趣向を変えてブンチャー・ハノイにしました。これはベトナムの冷麺と言ってもいいかもしれません。

画像

ブンチャー・ハノイは、数年前にオバマ前大統領がベトナムを訪問した時、突然街のごく普通の食べ物屋さんに出没して、美味しい美味しいと2食分食べたことでも有名な食べ物です。

ここで使われる麺は素麺くらいの太さの米粉です(右皿の左側)。同じお皿にはミントやサラダ菜、もやし、甘酸っぱい大根と人参の紅白なますのような漬物が乗っています。

左側の容れ物は甘辛い味付けの豚の焼肉と肉団子がヌクマム(ベトナムのフィッシュソース)をベースにした三杯酢のようなヌクチャム・ソースに浸してあります。その上にはピーナッツと先ほどの大根と人参の漬物が散らしてあります。全体的な味付けは甘辛酸っぱいです。

画像

食べ方は、持ってきてくれたボウルに麺を入れ野菜や肉類を乗せ、肉類が浸してあったヌクチャム・ソースをかけて、自分でアッセンブリーします。

このようにする方がソースが浸み込んで麺が伸びなくてよいのか、または最初から一つの器に盛りつける手間を省いているのか、ちょっとわかりません。

画像

ハビーはスペシャル・フォーの大です。スペシャルには選べる具が全部含まれています。スペシャルはベトナム語では「ダクビエット(đặc biệt)」と言い、中国語の「特別」から来た言葉だなとすぐにわかります。

大の器は洗面器(笑)くらいの大きさです。でも、ウェイトレスのお姉さんに言わせると、スープが多いだけでその他は小よりちょっと多いだけ、なのだそうです。食べてみたら、たしかにそうでした。(笑)

画像

フォーにはもやしやタイバジル、ハラペーニョ(辛いグリーンペッパー)の薄切り、ライムのくし形切りが別皿でついてきます。

画像

行ったお店はフォー・キング2(Pho King2)という名前です。

<おまけ> − ベトナム系のベーカリー、フゥーンラン(Huong Lan)

画像

フゥーンランは先ほどのフォー・キング2から歩いて1〜2分のところにあります。ベーカリーと言ってもテーブルが20台ほどあり、フォーなども出すちょっとしたレストランです。

こうやってフォー・キング2やフゥーンランの屋号を見比べると、同じような赤と水色を使っています。ベトナム系のお店はたしかにこういう色合いが多いです。それから黄色もよく使います。

画像

このお店では、具の異なる各種のバンミー(ベトナムのバゲットのサンドウィッチ)を売っていて、カウンターで欲しいものの番号を言って作ってもらいます。

テーブルがあるのでここで食べてもよいし、持って帰ってもよいです。

画像

このお店にはベトナムのバゲットなどの焼いたもののほか、バンバオ(ベトナムの中華まんじゅう)や生春巻きや茹でトウモロコシなど様々なスナックが置いてあります。

画像

そうそう、この間レセピを掲載したソイ(蒸したもち米)も売っていました。黄色いものはソイ・ヴォです。黒っぽいものや赤っぽいものもまた別のタイプのソイです。小豆がたくさん入ったソイもありました。

<お詫び> - しばらく出かけておりました。訪問など遅れていますが、今しばらくお待ちください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
緑の野菜がたっぷり入っているんですね。
日本のレーメンだと野菜以外にも卵、カニ棒、チャーシュー などこれでもかと色とりどりにして食欲をあげようとしていますのに、シンプルな感じがしました。
まぁ野菜が美味しいとそれだけで良い感じもしますね。
麺をゆがくのも汗をかきながらですから、まいります。
コマダム
2017/08/08 15:58
ブンチャー・ハノイはつけ麺の冷麺みたいなものですか?
ブンチャーってどういう意味ですか?
質問攻めです(笑)
野菜が多くて酸味があるとは健康的ですね。
これは食べたことがないと思いますが、興味ありますね。
ハビーのスペシャル・フォーは日本のラーメンで言えば全部乗せってやつですね。これも美味しそう♪
今は日本でもベトナム人の多い地区に行けばフゥーンランのようなお店があるんでしょうね。


2017/08/09 09:01
コマダムさん、

そうですね、日本の冷麺は色とりどりにいろいろなものが乗っていますね。
ベトナムのものは、お肉がけっこうあります。それに生野菜となます風の漬物が付きます。甘酸っぱくさっぱりとして暑い時でも食べやすいですよ。
麺を食べようと思ったら、ゆがかなければなりませんね。これはもうしゃあないです。(笑)
櫻弁当
2017/08/09 12:37
達さん、

つけ麵というか、麺に肉や野菜の具を乗せてかけ汁をかけまわします。
ブンチャーは実は二つの言葉です。ブンは素麺様の米粉の名前で、チャーは豚の三枚肉の焼肉のことです。ブンチャーはハノイなど北部の言い方で、その他の地方ではブン・ティット・ヌゥンとも言います。これはブンはブンで、ティット・ヌゥンは焼肉という意味です。
これは、甘酸っぱいかけ汁とよく合って、美味しいですよ。似たような食べ物に、焼肉の代わりに揚げ春巻きを使うものもあります。家庭でも、かけ汁はどこの家でも作れるし、ブンは野菜と適当な肉類を組み合わせてよく食べられています。
たしかに、スペシャルは「全部乗せ」です。(笑)
こういうベーカリーは豚まんや油条なども売っていて、中華街の中華ベーカリーに似ているかもしれません。
櫻弁当
2017/08/09 12:54
日本でもベトナム料理は人気ですねぇ。。
洗面器の大きさのお皿ですか!!
ballomam
2017/08/16 15:38
ballomamさん、

ベトナム料理は日本人の口に合うような味付けですね。
スープの入った器なんですよ。これを完飲する人はめったにないでしょうね。(笑)
櫻弁当
2017/08/17 06:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
フォー・キング2のベトナム冷麺「ブンチャー・ハノイ」♪ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる