サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっくらテキサス州のエルパソへ − その3 フランクリン山脈をハイキング♪

<<   作成日時 : 2017/08/18 00:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

娘のアパートメントはフランクリン山脈の最南端のふもとにあります。大雨が降れば山から泥水が駐車場に流れ込んでくるほど、山はすぐそこにあります。そのフランクリン山脈は

画像

テキサスの州立公園でもあります。公園ではハイキングやピクニックができるということで、ある日ハイキングに行ってきました。

でも、山がいくら近いと言ってもアパートメントからはアクセスできません。ハイウェイI-10を今度は西に向かって30分くらい行ったところにフランクリン山脈州立公園の入り口はありました。

画像

フランクリン山脈はロッキー山脈の南端にあって、南北37キロ東西の幅5キロ足らずの小ぢんまりした山脈です。それでも最高峰は2200mあり、稀に雪が積もったりします。

画像
フランクリン山脈州立公園の入り口

ここで、一人5ドルの入園料を払います。

画像
掲示板

掲示板は全く同じ情報が英語とスペイン語で書かれています。

画像

ハイキングコースは初心者向けから山に登るもっと難しいものまでいろいろあります。今回はおとなしく初心者向けのコースを2キロほど歩きました。

このコースは比較的になだらかでマウンテンバイクのコースでもあります。幸いマウンテンバイカーはいませんでした。

別にマウンテンバイカーは悪い人たちではないのですが、何しろスピードを付けて「そこどけ、そこどけ」と言わんばかりに走ってくるので、いささか迷惑でもあるのです。これは我が家の近くのフォルサムレイク州立公園での経験です。

画像
フランクリン山脈州立公園の
初心者ハイキングコース

周りの景色は赤茶色の小石混じりの地面に灰色がかった緑の植物が点々と生えています。木陰になるような木はありません。

画像

植物はサボテン類やリュウゼツラン類などあまり水がいらないようなものが多いです。その他に、バーベナのような薄紫の花や黄色い花などが生えていました。

画像
Texas Horned Lizard

こういうところにはガラガラ蛇がいるかもしれないと注意しながら歩きましたが、(残念ながら(笑))出会いませんでした。代わりに、↑のようなとげとげの爬虫類がいました。

これが、1mもあればかなり不気味でしょうが、全長15cm足らずでじっとしていました。

画像
人が並んで買っていくタマレのお店

さて、ハイキングからの帰りにフランクリン山脈州立公園にほど近いルピタというタマレのお店に寄りました。タマレは豚肉やチキンの入ったマサというトウモロコシ粉の生地をトウモロコシの皮で包んで蒸しあげた、何となく中国粽を思わせるメキシコ料理です。他に、マサにココナッツやレーズンを入れ甘く作ったものもあります。

お店の看板には、「食べ物の首都、メキシカンワールド(Capital de Comida、Mexicana del Mundo)」などとかなりでかいことが書いてあります。(笑)

買っていく人たちはみなローカルで、スペイン語が飛び交っています。こういうの、面白くてけっこう好きです。

<おまけ> − ゼリスケープ(Xeriscape)ということ


USの個人住宅はたいてい芝生を生やしていて、きれいな緑色に保つためにスプリンクラーで水をやったり肥料を撒いたり芝刈りをしたり、維持するにはけっこう手間暇と水がいるものです。

それで、コロラド州のデンバーにいた10年前頃からゼリスケープというものが推奨され始めました。デンバーも万年水不足というか水が有り余っている地域ではありません。たしかゼリスケープという言葉はデンバーから始まったように思います。

庭などに芝生を生やし木や花を植えて庭造りをすることをランドスケープ(landscape)と言います。それに対して、ゼリズケープは水資源や手間を省いて水遣りをしないでも生き延びる植物を使った庭造りを言います。

最近やっと回復しましたが、カリフォルニア州は数年にわたる干ばつでした。それで、こちらでもゼリスケープが奨励され、市町村によってはゼリスケープをすると千ドル単位の補助金を出すというところもありました。それで、たくさんの家が芝生を止めてゼリスケープに切り替えたものだから、補助金が足りなくなるという事態も出てきました。

画像
フランクリン山脈州立公園の
初心者ハイキングコース

ゼリスケープって、結局はエルパソ付近の砂漠風な庭なのです。まぁ、それもいいけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
日本では気候が変化し、季節がずれて植物生態も変わってきている気がします。
それより・・・庭に伸びたこの雑草!休み中に抜けきらないです~~
ballomam
2017/08/18 15:20
やっぱりスケールが違いますね(@_@)写真からも日本にはない大自然を感じます。
それにしても面白い模様のトカゲですね。唐草模様みたいです(笑)
ゼリスケープ、結局元に戻して自然に帰れってことなのでしょうか?

2017/08/18 15:57
ballomamさん、

昨年11月に日本に行ったとき、京都の叡電から景色を眺めていたら、バナナが生っているお庭がありましたよ(@_@。ほんとにどうなってるんだろうと思いましたよ。
雑草は強いですね。抜いても抜いても生えてくるし。英語で、「雑草のように生える(grow like weeds)」は、何をしても負けないものの様子をいいます。
櫻弁当
2017/08/19 11:41
達さん、

景色がきれいというと、娘は「どこが〜?」とあきれていました。(笑)でも、たしかにまた違う風景ですよね。
あのトカゲ、調べてみたら、テキサス・ホーンド(角のある)・リザードという名前で、数が減っているのでテキサスでは保護されているのだそうです。たまたまだけど珍しいものを見ることができました。体色は周りの色によって変わるのだそうです。
ゼリスケープはそういうことなんでしょうね。緑の芝生は、セントルイスみたいに水不足になったことがない地域に向いているけれど、カリフォルニアや西南部の州にはもともとちょっと不自然な気がします。
櫻弁当
2017/08/19 11:53
USAは思った以上に自然が一杯あるから、贅沢に自然破壊しそうな気がする・・。車社会?それともトランプのようなあほな人々?ゴア氏のような人が増えて、地球温暖化を阻止して欲しいけど、過去の歴史から言えば無理かも・・・・。
私も・・暑いのでエアコン24時間つけっぱなしです。(笑)
それにしても、厳しそうな自然でも、ビル群より・・すきだな〜。
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/08/25 14:21
FREEHAND(ベランダ主夫)さん、

USはまだまだ広くて大きくて、飛行機で上から見ると全く人のいない土地が広がっています。それが全部破壊されるとは思わないけれど、大都市の周りは危ないかも、ですね。
人はだいたいには神を信じる者と科学を信じる者とに分けられるようです。が、トランプはどちらも信じない???な人です。やっぱり、人間もエコシステムの一部というか自然の一部だという認識がないと、バランスが崩れるのがどんなに危ないことかわからないでしょうね。
櫻弁当
2017/08/26 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっくらテキサス州のエルパソへ − その3 フランクリン山脈をハイキング♪ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる