サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 「タコス・デ・アランブレ」♪ − メキシコ料理

<<   作成日時 : 2017/09/15 00:52   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

一か月ほど前にテキサス州のエルパソに行きました。エルパソは、目の前にある国境を超えるとメキシコというメキシコ色の極めて強い町です。その時に、具をいろいろ選べる

画像
タコス・デ・アランブレ
tacos de alambre

タコスのレストランに行きました。海老とかチキンとか、聞かなくてもわかるものもいっぱいありましたが、なぜかわけのわからないアランブレ(alambre)という具も選びました。

ウェイトレスのお姉さんに「アランブレって何?」と聞くと、ビーフやペッパー(ピーマン、パプリカの類)やチーズの混合物だと言いました。出てきたアランブレ入りのタコス(tacos de alambre)はウェイトレスさんの描写の通りで、なかなか美味しかったです。

さて、アッランブレ、アランブレ〜と音の響きが良いので頭に残って、帰宅してから、もう一度調べてみました。アランブレは、ペッパーと玉ねぎ、ベーコンと肉(主にビーフ)を炒め、メキシカンチーズをのせて溶かしたよく知られたメキシコ料理でした。

メキシコ色の強いエルパソで「アランブレって何?」と聞くのは、いうなれば、大阪に行って「お好み焼きって何?」と聞くようなものでしたね。

でも、いいのです。これで「アランブレ」とは何かわかりました。こういう風に身の周りのことが一つ一つわかるって、大好きなのです。(Me gusta!)

アランブレ − 12〜13cmの小型のタコス10個分

材料: 分量の割合はきっちり決まったものではないので、大体の目安です。

・ ベーコン - 100グラム − 食べやすい大きさに切る
・ 牛肉(または鶏肉、豚肉でもよい) − 200グラム − できれば焼肉用のもの、食べやすい大きさに切る
・ 溶けるチーズ − 50グラム − 薄切り − できれば、オアハカ(Oaxaca)チーズ、コティハ(Cotija)チーズ、アサデロ(Asaddero)チーズなど、メキシコのチーズがよい。なければモッツアレラチーズ、チェダーチーズ、モンテレィジャックチーズなど。
・ 玉ねぎ − 100グラム(小さめのもの半分) − 1cmくらいの賽の目切り
・ ピーマン、パプリカなどのペッパー − 200グラム − タネと軸を取って1cmくらいの賽の目切り。ここではグリーンと赤のペッパーを使いました。
・ 赤トウガラシ − 好みで1〜2本 − 刻む。本当はハラペーニョという辛い肉厚のペッパーを使う。
・ 胡椒 − 小匙4分の1杯
・ ガーリックパウダー − 小匙4分の1杯
・ 粉末クミン − 小匙4分の1杯
・ オレガノ − 小匙4分の1杯
・ 塩 − 小匙半杯 + 適宜
・ 植物油 − 大匙1杯

画像

手順:

・ フライパンを中火にかけ、植物油とベーコンを加え2〜3分炒める。ベーコンを片寄せ、牛肉を加え塩を小匙4分の1杯振りかける。
画像

・ かき混ぜて牛肉に火が通りピンク色に変わったら、先ほどのお皿に取り出す。
画像

・ 玉ねぎとペッパーを入れ、5分ほど玉ねぎが半透明になるまで炒める。
画像

・ 取り出しておいた肉類を入れ、唐辛子、胡椒、ガーリックパウダー、粉末クミン、オレガノと塩小匙4分の1杯を加えてひと混ぜする。
画像

・ チーズを散らし、蓋をしてチーズが溶けるまで加熱する。
画像

・ これでアランブレはできあがりです。チーズとベーコンの塩気によって塩味が変わるので、ここで味見をして塩気が足りないようなら、塩を小匙8分の1杯ほど振りかけて調節してください。
画像

トルティーヤは、できれば直径15cm以下の小振りのコーントルティーヤを使って下さい。なければ小麦粉のものでもよいですが、あのコーンの独特のにおいでとても本物らしくなります。

トルティーヤは、この頃は市販のものが簡単に手に入ります。本来は、作りたてを食べるもののようです。作り置きのものは普通蒸して柔らかくします。でも、この頃では電子レンジですね。
画像

サイドティッシュは、レタスの千切りやパクチー、ピコ・デ・ガヨ、アボカドで作ったグワカモレなどです。これも一緒に挟んでいただきます。
ピコ・デ・ガヨのレセピ→http://52305533.at.webry.info/201210/article_2.html
グワカモレのレセピ→http://52305533.at.webry.info/201209/article_3.html(柑橘類の果汁なし)
http://52305533.at.webry.info/201601/article_6.html(柑橘類の果汁入り)

トルティーヤにいろいろ挟んで手にもって横から齧ります。どうしても、汁気が滴ったりちょっとメッシー(messy、ごちゃごちゃしている)になってしまいます。(笑)

画像

アランブレは、タコスの具にしないで炒め物として食べても美味しいです。その場合は溶けたチーズが見えるようにフライ返しなどで上手くすくって盛り付けてください。また、横に切ってトーストしたホーギーロールに挟めば、メキシカン・チーズステーキ・サンドウィッチになりますね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
エルパソ自体がメキシコっぽい街の名前がしますものね。
お好み焼きの例は面白いです。聞いてはいけないことを聞いてしまったと言うか、よそ者ってすぐに分ってしまいますよね(笑)
櫻弁当さんが身の周りのことを一つ一つ理解して行ことが大好きなはよく分ります。これはなかなか得難い長所ですよ。
写真を見ていて、仰るようにそのまま食べてもおかずになるなと思いました。最近は図らずも主婦目線です
タコスの皮も自分で作られるのですか?
ところでナナのことですが、病院に連れて行って点滴を受け、投薬を続けていますが、下痢が止まらず食事もとらないので、ちょっと心配です。
ナナは9歳だとばかり思っていたのに、病院の記録によると11歳だということが判明しました(^-^;

2017/09/15 07:00
こんにちは。
「アッランブレ、アランブレ〜」ですかぁ。。
フランス語に「アッサンブレ」と言う言葉があります。「集めて」と言う意味です。。
あるジャンプのバレエ用語なんです。
数年前のフランス旅行時にガイドさんが「アッサンブレ」「集まって」だったのだと思います。私はジャンプしそうになりました。
ballomam
2017/09/15 14:37
食の探求心は素晴らしいです
食いしん坊でも食べるものには保守的な私と比べると雲泥の差を感じます。
最近パクチーを初めて食べましたが、臭いに負けました。匂いではなく臭いでおわかりになりますでしょ。
食の伝道師でもある櫻弁当さん、私の分までいろいろ食べてくださいね。
コマダム
2017/09/15 21:33
達さん、

テキサス州もスペイン語の土地の名前が多いですが、カリフォルニア州や西南部のアリゾナ州、ニューメキシコ州もスペイン語の名前が多いです。考えてみれば、サクラメントもサンフランシスコもロスアンジェルスもサンディエゴも皆スペイン語です。
物事がわかるととても面白いです。知りたがりの癖を長所といって下さればなんだかとても嬉しいです。
アランブレは、どちらかというとマイルドで食べやすいですよ。でも、唐辛子を入れて辛くしても美味しいです。
トルティーヤは、小麦粉のは以前レセピを掲載しました。コーンのも、トルティーヤ用のトウモロコシ粉が見つかったのでまた作ってみますね。
ナナちゃんは11才ですか。キャミーと同じです。キャミーもかなり老婆です。(笑)
ナナちゃん、何が原因でお腹を壊したのでしょう。早く良くなってほしいですね。お大事に。
櫻弁当
2017/09/16 11:24
ballomamさん、

なるほど、アッサンブレも音が似ていますね。
アッサンブレが「集まる」はわかります。きっと英語のアッセンブル(assemble)と語源が同じなのでしょう。フランス語はen(またはem)、un(またはum)、in(またはim)は皆アンと発音するので、アッサンブレに変わるのだと思います。
ballomamさんはジャンプはしなかったのですか。(笑)
櫻弁当
2017/09/16 11:36
コマダムさん、

世の中にある美味しいものを、いろいろ試してみたいのですよ。もちろん当たりはずれはありますが。(笑)
パクチーは、どこかで読んだのですが、遺伝子的に人によってはカメムシ臭をものすごく感じるそうです。多分コマダムさんはそのタイプなのでしょう。私はPTCという苦み物質の苦みを全く感じない味盲なんですよ。これも遺伝子によるのだそうです。
美味しいものはほかにもたくさんありますから、コマダムさんもいろいろ試してくださいね。
櫻弁当
2017/09/16 11:52
我が家のタコスは、挽肉をタコシーズニングで味付けし、刻んだレタス、トマトとチーズ。というオーソドックス(ですよね?)なものですが、これも美味しそう〜
今、ダンナ君がきたので、「これ、美味しそうだよね?」って言ったら、珍しく乗り気だったので今度作ってみましょう
なぜ「珍しく乗り気」と言ったかというと、ピーマン嫌いだから、食べないっていうかな?と考えていたのでちょっと意外だったのです(写真が美味しそうに撮れていたからかな)
マーシャの乳母や
2017/09/23 00:12
マーシャの乳母やさん、

そのタコス、こちらでもよくありますよ。でもメキシコ料理としてはオーソドックス(正統派の)というよりジェネリック(一般的な)かもしれませんね。
オーセンティック(本物の)なメキシコ料理はたいていピーマン類(生でも乾燥した物でも)とトウモロコシの何かが使われています。アランプレはピーマン味もちゃ〜んと入っているけれどそれほど奇抜な味でもなく、食べやすいと思います。グワカモレやピコデガヨなどがあれば、それこそオーソドックスです。
ぜひ、お試しくださいね。
櫻弁当
2017/09/23 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「タコス・デ・アランブレ」♪ − メキシコ料理 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる