サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS トウモロコシの「アトレ」♪ − メキシコや中南米の飲み物

<<   作成日時 : 2017/10/20 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

アトレ(atole)はメキシコや中米の伝統的なドロっとした熱いドリンクです。コロンブス以前の昔からトウモロコシを主食にしてきた中南米人は、いろんな方法でトウモロコシを使って様々なタイプの食べ物や飲み物を作ってきました。

画像

因みに、コロンブスがアメリカ大陸に来たのは1492年です。

このレセピで使うマサ・アリーナ(masa harina、hは無音)は、トウモロコシの粉です。でも、トウモロコシを挽いただけのコーンミールやコーングリッツとは、また性質が違います。

マサ・アリーナは、硬いトウモロコシを石灰や木灰などのアルカリ性の溶液に浸しすりつぶして生地を作ります。この生地の名前がマサ((masa)です。そして、マサをさらに乾燥し粉砕して粉(harina)にします。アルカリ性の溶液に浸すと消化しやすくなり、ナイアシン(ビタミンB3)などの栄養素も吸収しやすくなるそうです。

トウモロコシにはグルテンは含まれていないので、ただ挽いただけの粉はまとまった生地にはなりません。マサ・アリーナは、アルカリ処理のおかげで小麦粉のパン生地のようにまとめて捏ねることができるようになり、より広い用途で使えます。

メキシコ料理の定番のコーンのトルティーヤやタマレはマサ・アリーナから作られます。(以上、Wikipediaより)

このようにマサ・アリーナは、東洋人にとってのお米のように、メキシコ料理ではその他にも様々な形で使われています。アトレはこのマサ・アリーナで作った飲み物です。何かに似ていると思ったら葛湯ですね。

アトレ − 1人分

材料:

• 三温糖 − 小匙1杯 + 好みで適宜 − なければ黒砂糖か普通の砂糖
• マサ・アリーナ − 大匙1杯半 - マセカ(Maseca) またはボブズ・レッドミルのものが通販で手に入ります。
画像

• 牛乳 − 200cc
• 粉末シナモン − 適宜 − 本来は、アトレを煮るときに、4人分につき3cmくらいのシナモンスティックを加えて一緒に煮ます。 

手順:

画像

• 小鍋に三温糖小匙1杯とマサ・アリーナを入れ、牛乳を少しずつ入れダマにならないように溶きのばす。
画像

• 中火にかけ、かき混ぜながら沸騰したら、弱火に落として5分ほど煮る。葛湯のようにドロッとした状態になります。最後に味見をして甘味が足りなければ好みで足して下さい。
画像

• カップに注ぎ、シナモンを好みで振りかける。

画像

これは一番プレーンな仕上げですが、ほかにパイナップルなどの果物やチョコレートを入れたものもあります。チョコレートのアトレはチャンプラード(champurrado)という別の名前で呼ばれます。

アトレは熱いので気を付けて飲んで下さい。櫻弁当は猫舌気味なのでスプーンですくって飲みます。

この飲み物は年中飲まれるようです。メキシコや中南米といえば暑い所のように感じますが、このような温かい飲み物を飲むというのは意外というか、興味深いですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
1492年といえば日本ではまだ室町時代です。
戦国時代が始まろうとしていた時期ですから、世界でも日本でも既成概念を打破しようとする人たちの時代がこの時期の始まろうとしていたと言うのはこじつけが過ぎるでしょうか?
コーンスープ1つにしても、インカの人達は昔からしょうかのことまで考えて材料を選び、挽き方を研究していたということなのですね。
こういう知恵はどのようにして得るに至ったのでしょうね。
恐らく長い時間の中で蓄積された知識なのでしょうが、人間の知恵というのは不思議ですね。

2017/10/20 10:55
達さん、

1492年は室町時代ですか。既成概念を打破、はそうかもしれません。少なくともイタリア人のコロンブスは、普通東に進んでインドからスパイスを盗ってくるのを、地球が丸いなら西に進んでも行けるはずと考えたようです。でもイタリアでは誰もお金を出してくれず、スペインのイザベラ女王が出資しました。それで、スペイン人が大勢やってきたのです。
コーンを石灰や木灰で処理するのは、やっぱり消化しやすいためだったんでしょう。それでビタミン類が摂取しやすくなったというのも、たまたまだったのでしょうが、えらいものです。
昔からの食べ方は、納豆とかも(笑)今科学的に見ても優れていることがありますね。
櫻弁当
2017/10/20 11:37
本当に古代といえる文明が存在したのでしょうか?
その前にすでに滅亡した文明があったりして・・と、好き勝手に空想してしまいます。
友人がインカの遺跡めぐりをして、多くの画像をいただいていますが、本当に想像をこえる知恵を持っていたのだと思えます。
とうもろこしの文化・・米の文化・・タロイモの文化・・。
主食って面白いですね。もちろん気候の影響もあるのでしょうが、生きるために食べることが、これほど多くの影響を与えるなんて・・「欲」を宗教で否定的に捉えますが、簡単に片付けられないものがありますね。
・・・と、意味不明なことをこの記事で思ってしまいました。
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/10/20 13:26
私は夏でもレッスンに熱いお茶を持って行きます~~
お腹の為にも温かい方が良いみたいですね。
ballomam
2017/10/20 13:49
くず湯ってほとんど飲んだことが無いので、あと何かに似ている?と考えていたら甘酒
こちらでは甘酒がちょっとブームで酒粕からではなく、ご飯で作る様ですよ。
夏の暑い時に飲むのも似ていませんか?
コマダム
2017/10/20 21:04
FREEHAND(ベランダ主夫)さん、

ペルーに行った時に見たインカ人の石組みの技術は、あれはまさしく滅亡した文明だと思わせるものでした。3〜4メートルもある石がカミソリの刃も通らないくらいにきっちりと切って積み重ねてあるのです。あんな大岩をいったいどうやって運んできてどうやって切ってどうやって積み重ねたのだろうと思います。そして、地震の多い所なのに建物が崩れません。ピラミッドもそうですが、今の技術では作れないんですよね。
主食って、興味深いですね〜。当たり前のことですが、それぞれの民族が住んでいるところで採れる作物で、ほとんど毎日食べて元気に生きていけるんですね。そうやって維持する生存は「欲」では片付けられないです。
櫻弁当
2017/10/21 10:55
ballomamさん、

夏でもレッスンに熱いお茶を持って行かれるんですか。
私も氷の入った冷たい飲み物より熱いお茶ですね〜。たしかに一年中です。
櫻弁当
2017/10/21 10:58
コマダムさん、

薄甘くてドロッとして、そういえば甘酒風でもありますね。
日本では甘酒作りが流行っているのですか。麹を使うのかしらん?昔は冬にこたつで作っていたように記憶しています。麹の甘酒はそれほどアルコールが強くないのですか?
酒粕の甘酒は、酒粕を溶かすだけで割と簡単に作れますね。でも、あんまり酒粕を入れすぎると(お恥ずかしいことに)酔っぱらってしまいます。(笑)
櫻弁当
2017/10/21 11:07
このトウモロコシ(に近い品種?)食べたことがあります
普段食べるスィートコーンとは似ても似つかない味にびっくり!
メキシコ人はこんな不味いのを食べるのかと思いました(メキシコのみなさん、ごめんなさい)
粉にしてパンを作ると言われても、トルティーヤなど知らなかったのでピンときませんでしたね〜
↑麹で作る甘酒はノンアルコールです 小さい子供も飲めるとCMしていますよ

ところで、山火事は治まりましたか?
離れているので直接の被害はないでしょうが、同じ州だとちょっと心配
マーシャの乳母や
2017/10/22 00:04
マーシャの乳母やさん、

もともとのトウモロコシは、あまり甘くなかったみたいですね。(笑)主食って、そういうものなのかもしれません。
ご飯にしても、こちらの西洋人には味がないと感じるらしく日本レストランで醤油をタラタラかけて食べている人を見かけます。
麹の甘酒はノンアルコールですか。私向きですね。(笑)
山火事のご心配ありがとうございます。
サクラメントは100キロ以上も離れているので大丈夫です。でも今回の火事は、突然始まり数か所離れた場所が同時に燃えたようです。焼けた家屋は約8000軒、死者も現在でも42人にも上ります。火は80〜90%はコントロールできたようですが、まだ鎮火しきっていません。
櫻弁当
2017/10/22 12:06
あはは乳母やさんがおこたえくださった通りですよ〜。
追加情報としてはカロリーはあるので飲みすぎに注意とのこと。
ちなみに私はお酒は頂きますが、甘酒はなぜか飲めません。
コマダム再び
2017/10/23 15:05
コマダム再びさん、

麹の甘酒はノンアルコールなんですってね。(笑)
でも、カロリーはあるでしょうね。アルコール飲料も、ビールもお酒も、けっこうカロリーありますもんね。
甘酒は、私も小さい時は薄甘いのにドロドロリンとしているのが好きではありませんでした。(笑)
櫻弁当
2017/10/25 06:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
トウモロコシの「アトレ」♪ − メキシコや中南米の飲み物 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる