サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トウモロコシのトルティーヤ」♪ − メキシコ料理

<<   作成日時 : 2017/11/21 00:36   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

これもまたマサ・アリーナを使ったレセピです。このレセピで使うマサ・アリーナ(masa harina、hは無音)は、トウモロコシの粉です。でも、
画像

トウモロコシを挽いただけのコーンミールやコーングリッツとは、また性質が違う粉ですから間違えないようにしてくださいね。

マサ・アリーナは、硬いトウモロコシを石灰や木灰などのアルカリ性の溶液に浸しすりつぶして生地を作ります。この生地の名前がマサ((masa)です。そして、マサをさらに乾燥し粉砕して粉(harina)にします。アルカリ性の溶液に浸すと消化しやすくなり、ナイアシン(ビタミンB3)などの栄養素も吸収しやすくなるそうです。

以前掲載したマサ・アリーナを使ったレセピ
アトレ → http://52305533.at.webry.info/201710/article_6.html
タマレ → http://52305533.at.webry.info/201709/article_7.html

普通トルティーヤはトルティーヤプレス(tortilla press)という伸し器を使って伸ばします。
画像
トルティーヤプレス
インターネットから拝借した画像

でも、トルティーヤプレスがなくても、生地をジップロックに挟んで底の平らなお皿などで満遍なく押すときれいな円形に伸ばせます。重い本で伸ばすやり方も聞いたことがあります。


トウモロコシのトルティーヤ − 直径12〜3cmのもの16枚、または15cmのもの12枚

材料:


・ マサ・アリーナ − 220グラム − マセカ(Maseca) またはボブズ・レッドミルのものが通販で手に入ります。
・ ぬるま湯 − 300ccくらい
・ 塩 − 好みで小匙半杯 − 本来は入れないそうですが、入れたほうが美味しいです。
画像


特別な器具:

・ 両横を切り開いた大きいジップロックの袋
・ 底の平らな鍋か皿、または本 − ここでは見やすいようにガラスのパイ皿を使いました。

手順:

・ 大き目のボウルにマサ・アリーナと塩を量り入れ、ぬるま湯を200ccほど加えてしゃもじでよく混ぜる。
・ この後、残りのぬるま湯を加えては混ぜを繰り返し、なめらかな生地を作る。ぬるま湯はきっちり決まった量ではなく、生地の様子を見ながら加減して下さい。
・ 生地を2〜3分手で掴むように捏ねる。
画像

・ 生地を12または16等分し、ボール状に丸める。乾かないようにサランラップで覆う。
画像

・ 厚手のフライパンを中火にかけ温める。
画像

・ まな板などの平らな台にジップロップを置き、間に丸めた生地を平たくして挟み、パイ皿などで2mm厚さになるように押す。
画像

・ ジップロップを剥がし、伸ばした生地を片手にとる。慣れないうちは伸ばした生地が小さめのほうが扱いやすいです。
画像

・ 手をかざすと熱を感じるまで温まったフライパンで40秒焼き、裏返して40秒さらに裏返して20秒焼く。ところどころに焦げ目が付くとよいです。
・ 焼いている間に次の生地を伸ばし、全部焼く。焼けたコーントルティーヤは乾きやすいので清潔な布巾か蓋で覆っておく。
画像

このトルティーヤは出来立てがコーンのよい香がして美味しいです。

でも、余ったらサランラップできっちり覆い冷蔵庫に置くと2〜3日はもちます。頂く時は電子レンジにかけると柔らかくなります。
画像

ここではアランブレを挟んでみました。手巻き寿司ならぬ小ぶりの手巻きタコスになりました。

参考までに、以前掲載したレセピを添付します。
アランブレ → http://52305533.at.webry.info/201709/article_5.html
小麦粉のトルティーヤのレセピ → http://52305533.at.webry.info/201209/article_2.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
トルティーヤはイタリアのものと思っていました。
コーンの香りの生地は二度楽しめそうですねぇ。
手巻きタコス♪いいです~~
ballomam
2017/11/21 14:12
これは難しそうですね。
間違って途中まで上手く作れても、ジップロックの袋から取り出す時にビリビリに破れてしまうのは確実です(笑)
美味しそうなタコス♪
こういうのを作れるというのは才能ですね

2017/11/21 14:34
ballomamさん、

トルティーヤはスペイン語なんですよ。でも、メキシコのトルティーヤはタコスの皮ですが、スペインのトルティーヤはジャガイモの入った卵焼きで、同じ名前でも国によって違うものみたいですね。たしかイタリアには似たような卵焼きがあります。
手巻きタコス、美味しいですよ。
櫻弁当
2017/11/22 11:04
達さん、

これは小ぶりに作ればそれほど難しくないですよ。
生地はお皿や鍋で押すと、面白いように伸びます。2ミリ厚さまでだと扱いやすいですが、調子に乗って薄くし過ぎるととフライパンに入れるまでが大変です。(笑)
タコスは、挟むものは無限の可能性がありますね。
才能と言って下さって、ありがとうございます。
櫻弁当
2017/11/22 11:11
おや、つい先日タコスを食べたばかりです
残念ながらトルティーヤは市販品を使いましたが、、、
普通にひき肉のタコスと、照り焼きチキンのを作りました
チキンのはマヨネーズ多めにして、美味しかったです♪

トルティーヤも挑戦してみようかな
マーシャの乳母や
2017/11/27 01:47
マーシャの乳母やさん、

タコス作られたんですね。
具は、メキシコ料理でも焼き魚やエビフライとかいろ〜んなものを使っています。またお試し下さいね。それとアボカドもね。
トルティーヤは、こちらでも小麦粉のものもトウモロコシのものも市販で売っています。トウモロコシのトルティーヤなんて25枚で1ドル50セントくらいなんですよ。それじゃ、なぜわざわざ手作りするか、と聞かれれば、答えに困ります。(笑)強いて言えば、手作りしたら何が入っているかわかるからかしらん。(笑)
櫻弁当
2017/11/28 11:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
「トウモロコシのトルティーヤ」♪ − メキシコ料理 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる