サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニンジャ・スシ・アンド・テリヤキ」♪ - 食べ物以外はナイスだったけど・・・

<<   作成日時 : 2017/12/08 03:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

この間、インターネットでレストランのレビューサイトを見ていたら、コメントが500近くあり4.5星(5つ星が最高)とっている日本料理のレストランを見つけました。場所は隣町のロースビル(Roseville) の旧ダウンタウンです。あまり

画像

馴染みのある地域ではないけれども、その街の並びにはほかにもいろいろなレストランがありそうです。それで、その辺りの様子を見るのもかねて、ある日、ニンジャ・スシ・アンド・テリヤキに行ってみました。(でも、ニンジャってねぇ・・・(笑))

画像

このお店のレビューのコメントを書いているのは、ハッピーアワーなどが好きそうな若い人たちが多いようです。

お店には開店直後に行きました。お店に入ると、「イッシャイーー」とかいう何人かの声がきこえてきました。これはきっとイラッシャイマセーのつもりなんでしょう。うむむ、ここは日本人がやっているお店ではないなとわかります。

画像

着席すると注文する前から味噌スープが出てきます。

そして、メニューを見て注文を入れ、待つ間にお店にを観察しました。

画像画像

お店は吹き抜けで天井が高く、スシバーのカウンターも大きいです。二階にも席があって、壁には228人入れると書いてありました。一階だけでも150席くらいあり、夜には生演奏ができるステージもあります。

やっぱり若い人達が好きそうな設定です。

画像
ランチコンボC
別皿でサラダが付きます

ハビーは、握りと2種類違ったロールのランチコンボC(コンボはコンビネーションの略)です。

画像
チェリーブロッサム・ロール

櫻弁当は、いつも困った時のカリフォルニアロールでは芸がないと思ってその一つ下に書いてあったチェリーブロッサム・ロールにしました。これは中にサーモンとアボカドが入って上にはマグロとトビコが乗っています。プレゼンテーションはかわいらしいです。

でも、残念ながら寿司飯はベタベタで、ワサビは量がこんなに多いのににおいもピリ辛さも感じません。

画像
デザートの揚げアイスクリーム

これも、緑茶のはずなのですが、緑茶のフレーバーが全くありません。

ここの女店員さんは西洋人でみなスラ〜ッとして感じがよく、客扱いもいたって丁寧です。男性ので店員さんは東洋人が多く、キビキビはたらきます。

やっぱり、このお店は本当の日本料理を知らない人たちが、お店の雰囲気と感じのよい店員さん達にちやほやされるのがうれしくてよいレビューを残しているのでしょう。経営者が商売がうまいのだとも言えます。

冷静に考えてみれば、日本人だったら自分のお店にニンジャなどという屋号をつけたりはしないでしょうね。

<おまけ> − ローズビルの旧ダウンタウン 

ローズビル(Roseville) はサクラメントの北東にある郊外都市です。もともとは駅馬車の駅がありグリダース(Griders)とあり呼ばれているところでした。

19世紀に鉄道が敷かれ、中央太平洋鉄道(Central Pacific Railroad)とカルフォルニア中央鉄道(California Central Railroad)が交わるところだったのでジャンクション(Junction、交差点)と呼ばれました。

それがいつの間にかローズビル(バラの村の意)と呼ばれるようになりました。一説にはこの辺りには野生のバラが生えていたからだともいわれますが、はっきりしたことはわかりません。

20世紀初頭になってさらに南部中央鉄道、(Southern Pacific Railroad、現在のユニオン・パシフィック)が加わり、ローズビルは市として確立しました。

ローズビルの鉄道は1950年代まで旅行の主要な交通機関なとして発展しました。その後は、交通手段は飛行機と州間ハイウェイによる自動車にとって代わられ鉄道は衰退しました。(セントルイスのユニオンステーションも似たような状況ですね。)

画像
旧ダウンタウンの
バーノン・ストリート(Vernon St.)

ローズビルそのものは、その後もサクラメント郊外都市の中では大きな町に発展しました。しかしながら旧ダウンタウンは衰退するばかりでした。ローズビルは1988年から旧ダウンタウン近辺の町おこしに取り組み、歴史的な面影を残しながら新しいお店やビジネスを呼び込みました。(以上、Wikipedia, Roseville, より)

今も旧ダウンタウンの通りの裏側には当時をしのばせる鉄道の線路があり、アムトラックやユニオンパシフィックが走っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は決して若くないけどハッピーアワーは好きです(笑)
そちらではニンジャは日本料理店を表す象徴みたいな使い方をされているのでしょうね。経営者が日本人で伝統的な日本料理を提供するつもりなら決して使わない屋号でしょうね。
寿司と照り焼きも日本では考えられません(笑)
でも、大きなスペースで日本料理をウリにして、接客に重きを置く経営はエンターテイメントの場として考えると成功なのでしょうね。
駅馬車の駅があったところなんて西部劇そのものですね。

2017/12/08 14:23
クリスマスリースのようなお寿司ですね。
見た目はSNS映えしそうですが、一番大事はお値段とおいしさですよ。
生のサーモンが手に入りやすくなってから、持ち帰りすしにもサーモンがたくさんはいる様になってますが、
一貫で十分な私には・・・
マヨネーズとお寿司が今だになんでやねん の私は時代についていけないんですね。
コマダム
2017/12/08 15:13
達さん、

これは失礼をばいたしました。たしかにハッピーアワーを好きなのはこういう人と決めつけるのはいけませんね。(笑)
USでは、ニンジャという言葉と日本は、なぜかしっかりイメージがつながっているんですよ。それに屋号に寿司と照り焼きも並べたりしませんよね。(笑)
そうそうエンターテイメントと思えばいいのかもしれません。でも、もうちょっと食べ物がよかったらいいのにとおもいます。あれが「日本の」寿司だと思われたら、残念至極です。
私はUSでは外人ですから(笑)、駅馬車なんて実際の生活とは全く関係なくて西部劇のお話に登場するものとしか考えられないのですが、土地によってはそういうことがちゃんと背景にあるんですよね。面白いです。

櫻弁当
2017/12/09 12:15
コマダムさん、

クリスマスリース、言えてます。(笑)
この二つのアイテムは12〜13ドルくらいで、ランチとしては普通の値段です。でも、問題はあのべっちゃりした寿司飯ですね。こちらで魚に関してはうるさいことは言えませんが、サーモンはよく使いますね〜。
あのロールは何種類もあって、日本の巻物とは別の勝手に進化していった食べ物です。海苔は使ってないし、具も奇想天外だし、それにあのマヨネーズ。(笑)。お寿司と思わないほうがいいかもしれませんね。
櫻弁当
2017/12/09 12:31
スタッフ含め日本人がいないように見せ付けるのが・・忍者(笑)。
それにしても、本格的な日本料理や寿司は美味しく感じないのでしょうか?櫻弁当さんが感じた違和感があったほうがすきなのでしょうか?
ある意味、水産資源が減って欲しくないので、日本料理は不味いと吹聴して、アジアの人も和食から撤退してくれれば、水産資源が守られるかもしれません。(笑)
気がつかせてはいけないように、忍術で、和食を世界の料理から消して、肉料理だけを流行させましょう!(笑)
でも・・遅かったですね・・この忍術は・・。
ベランダ脳負(FREEHAND)
2017/12/09 14:13
ベランダ脳負(FREEHAND)さん、

アハハ〜、日本人がいないように…かもしれませんね。
ニンジャという言葉は、USではよく行きわたって(?)いるのですが、実際にどのような職業なのか全然知られていないです。何となくミステリアスなマーシャルアート(武術)をする人くらいの認識です。
お寿司とか食べ物は、経営者からして本物を知らないのだと思います。たぶん他所の日本料理店で皿洗いなどして働いて横眼で形だけの技術を盗んだのでしょう。寿司飯の水加減とか艶とか硬さ、塩砂糖酢のバランスなどにこだわりは全然ないのです。(笑)
水産資源ねぇ。(笑)こちらでも肉を食べ過ぎるのは良くない一週間に一回くらいはシーフード(sea food)を食べろ、という風に言われています。
まぁ、それにしても、日本食を知らない人が日本食を知らない人に日本食を出して、あんなに高いスコアをとっているのだという面白い社会勉強(?)になりました。
櫻弁当
2017/12/10 11:23
そちらにはこの様なお店は多いのですね。
お客様は「本当のお寿司では無い」と認識されているのでしょうか?
ballomam
2017/12/10 13:37
ニンジャ・スシ・アンド・テリヤキ、なんのおまじないかと思ったら(笑
知ってる日本語を並べてみましたって感じですかね
ランチもデザートも見た目は綺麗(今流行りのSNS映えってやつですね)ですけど、肝心のシャリがベタつくのはねぇ。。。
本当の寿司を知らない客が食べるぶんには文句も出ないということでしょうが、日本人としては歯がゆい思いですね
マーシャの乳母や
2017/12/10 23:25
ballomamさん、

お店が大きければ大きいほど、こういうタイプのお店になるようです。
レビューのコメントから判断すると、お客さんは美味しいお寿司だと思っているみたいですよ。
櫻弁当
2017/12/11 11:47
マーシャの乳母やさん、

「ニンジャ・スシ・アンド・テリヤキ・アリガト・サヤネイラ」だとおまじないに使えそうですね。(あ、サヤネイラは、sayonaraを英語の読み癖で言うとこうなってしまうんです。(笑))
食べ物は見た目はとてもかわいらしかったです。でも、形ばっかり。(笑)
でも、もう10年も前ですが、あるバイキングの中華料理の店で、巻きずしも置いてあって食べてみたら普通のご飯だったことがあります。それを考えると、ベタベタでも一応酢飯だったから、進歩したともいえるのかもしれません。知らないということは恐ろしいです。

櫻弁当
2017/12/11 12:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ニンジャ・スシ・アンド・テリヤキ」♪ - 食べ物以外はナイスだったけど・・・ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる