サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スコティッシュ・ショートブレッド」♪ − メリケン粉シリーズNo.53

<<   作成日時 : 2017/12/22 00:20   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

今年もクリスマスが近づいてまいりましたね。櫻弁当は、日本のクリスマスと言えば、街にはジングルベルの音楽が流れデコレーションケーキを買って食べるという風に覚えています。その後USに住むようになって、

画像

こちらではデコレーションケーキというものはないのだと気が付きました。というか、「デコレーション(decoration、装飾)」ケーキは和製英語なのです。

ただし、デコレーションケーキはなくても、ユール・ログ(ビュッシュドノエル)やフルーツケーキなどクリスマス時期専用のケーキもあることはあります。

でも、どちらかというとクリスマスはクッキーのほうが主なようです。見てみると、ヨーロッパや中南米の国々には様々なクリスマスクッキーがあります。
画像
クリスマスクッキーの例
インターネットから拝借した画像

また、世界からの移民でできたUSでは、その家々によって受け継がれたクッキーレセピがあったりします。

クリスマスクッキーはお店で買うこともできます。でもたいてい、普通あまりお菓子作りをしない人たちも手作りします。そのせいか、この時期にはスーパーマーケットではバターや小麦粉はセールで安くなります。

「でもね〜、クッキーを焼くと言っても材料をそろえるのが難しいしね〜。」と仰る方々がいらっしゃるかもしれませんね。このスコットランドのショートブレッド(Scotish shortbread)はそういう方々にピッタリのクッキーなのであります。

なぜって?スコティッシュ・ショートブレッドの材料は薄力粉、砂糖、バターの三つだけだからです。

スコティッシュ・ショートブレッド − 15〜20個分

材料:


・ 有塩バター − 1本(115グラム) − 冷たいままで1cm角に切る。 
・ 三温糖 − 50グラム − 普通の砂糖でもよい
・ 小麦粉(薄力粉) −125グラム + 生地の固さによってさらに大さじ2〜3杯くらい

手順:

・ フードプロセッサーに薄力粉125グラムと分量のバターと砂糖を入れ、20回くらいブーン、ブーンとパルスする。
・ 生地がつまんでみてまとまるようになれば、さらにしばらくパルスを続ける。生地がフードプロセッサーの中でまとまってきたら、ラップを敷いた台に取り出し、ラップを寄せて生地をまとめる。
画像


・ 「生地をラップで軽く包んで押さえつけ平らにしては半分に折る」を、10回くらい繰り返す。
画像

・ 途中で、生地がべた付くようなら小麦粉を大匙1杯ずつまぶし「平らにしては折る」を繰り返し、生地の固さを整える。ねっとり滑らかな生地になればよいです。
画像

・ さてここからショートブレッドはいろいろな形に形成できます。伝統的には細長い長方形の「フィンガー(finger)」、大きな円形を切り分けてパイ状の三角形にした「ウェッジ(wedge)」、小型の円形の「ラウンド(round)」があります。また、ショートブレッド用の模様がついて焼けるようになった焼き型もあります。焼き型で焼いてもよいしそのまま焼いてもよいし融通が利くのです。
画像

・ ここでは、生地を半分ずつに分けて直径10cmの円型でウエッジと12cm x 10cm に伸ばしてフィンガーを作ってみました。
画像

・ 生地はオーブンペーパー(パーチメントペーパー)の上で、又は焼き型の中で、約1cm厚さに伸ばし、2cm x 6cmくらいに切れ目を入れ、フォークでポツポツ穴を開ける。コツは、約1cm厚さになるだけ均等に伸ばすことです。
画像

・ オーブンを160℃に温め、上段で23〜28分ほんの薄っすら焼き色が付くまで焼く。20分くらいから時々焼け具合を見て下さい。
・ オーブンから取り出し、まだ温かいうちに切れ目に沿って切り分ける。
画像
  
・ 室温までしっかり冷まし、密閉容器に入れる。


このショートブレッドは温かいうちは柔らかく包丁で切れますが、冷めると固まります。

出来立ては、全く甘くなく粉っぽく感じるかもしれません。でも、一日置くと味が馴染んで甘味も増し美味しくなります。このショートブレッドにはぜひともバターを使って下さい。これは紅茶に合う味だと思います。

ショートブレッド(shortbread)のショート(short)は、短いという意味ではなくサクサクしたという意味です。

小麦粉に水を加えると長い繊維状のグルテンが形成され、パンに代表されるようにモッチリした食感になります。しかしながら小麦粉に油脂を加えるとグルテン形成が抑えられ焼き上げるとボロボロサクサクと崩れやすい性質になります。この「グルテン形成が少ない短い繊維」という意味からショートという言葉が使われるようになったようです。(以上、Wikipedia、shortening、より)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
デコレーションケーキは和製英語なのですか!
家々に受け継がれたクッキーレセピいいですねぇ。。日本のおせち♪みたいなのかなぁ?


ballomam
2017/12/22 14:48
ballomamさん、

ケーキにクリームを塗ったり絞り出しで模様を付けたりするのはデコレ―ト(decorate)すると言います。でも、なぜか出来上がったケーキをデコレーションケーキとは言わないですね。
それに、デコレーションというと室内装飾の意味でよく使われます。
以前、大学で働いていた時、ある学生さんが家で作ったクリスマスクッキーを持ってきてくれたことがありました。何種類もそれは綺麗で美味しいクッキーで、家じゅう皆で作るのだと言っていました。たしかにおせち作りみたいですね。
櫻弁当
2017/12/23 11:46
そういえば、童話に出てくるお菓子の家もビスケットやクッキーでできている感じですね。
サクサクほろほろとくずれる感じのクッキーは牛乳と合いそうですね。
コマダム
2017/12/23 21:16
今日はクリスマス直前の土曜日と言うことでの長女の家族と次女の家族が全員集まって11人でクリスマスのお祝いをしました。
と言ってもデコレーションケーキやクリスマスクッキーはなしで、長女がにぎりずしを、次女はタコ焼きセットを持参しての寿司タコ焼きパーティーになりました(笑)
デコレーションケーキって和製英語なのですね(@_@)
クッキーは英国に出張した時に現地の社長に招かれてレストランで社員達と食事をした時に、コース料理が終わった後、クッキーやチョコレートが山ほど出て来て、食事の後だというのに平気でクッキーをポリポリやっているのを見て驚いたものです。
クッキーは西欧の文化なのですね。
小麦粉と砂糖とバターだけで作れるクッキー、簡単に作れそうで難しいのでしょうね。

2017/12/23 23:37
コマダムさん、

ヘンゼルとグレーテルですね。
こちらではクリスマスの頃になると、子供たちはジンジャーブレッドという堅焼きクッキーでジンジャーブレッドハウスを作ったりします。結局食べずに置いておくだけなんですけどね。大きさも様々で5cmくらいから50cmくらいの高さです。砂糖衣などで手の込んだ模様を付けることもあります。
あ、そうそう牛乳とも合いますね。
櫻弁当
2017/12/24 12:42
達さん、

ご家族集まってにぎり鮨とたこ焼きのクリスマスパーティ、素敵ですね。
ケーキの名前は、普通ケーキの素材かカップケーキならばケーキの形状をいいます。だから、チョコレートケーキとかバナナケーキなどはありますが、デコレーションケーキはないですねぇ。
イギリスでは、コース料理の後、クッキーやチョコレートが山ほど出て来る、って食習慣が全然違うんですね。
西欧では、クッキーはケーキと同じくらいに位置づけられているようです。
ここのレセピでは簡単なのでフードプロセッサーで全部一度に混ぜました。他に、バターを柔らかく練り混ぜ砂糖を加えさらに練り混ぜた後、粉を加えるやり方もあります。でも、最後は押しては畳んで固めのねっとりとした生地にするのは同じです。
直径3cmくらいの棒状にまとめラップに包んで冷蔵庫に置いて冷やしたあと1cm厚さの輪切りにして、並べて焼くとラウンドになります。
櫻弁当
2017/12/24 13:17
クリスマスのアニメなどでよくジンジャーマンが登場するのは、そういうわけですね
デコレーションケーキが和製英語&和製ケーキ(?)というのは知りませんでした

ショートブレッド大好きです コストコで冬季限定で売られるので、楽しみなんですよ(そんなに好きなら自分で作れって話ですが 笑)
マーシャの乳母や
2017/12/25 00:00
マーシャの乳母やさん、

あの人型のクッキーもジンジャーブレッドで出来ているのですよ。だから普通ジンジャーブレッドメン(マンの複数形で)と言ってます。日本のデコレーションケーキは英語で言うならアイシングケーキかなと思います。アイシングで飾ってあるので。
ショートブレッドは冬季限定なんですか。どうしてでしょうね。
櫻弁当
2017/12/25 12:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
「スコティッシュ・ショートブレッド」♪ − メリケン粉シリーズNo.53 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる