サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 今咲いている我が家の蘭♪ − 2018年2月中旬

<<   作成日時 : 2018/02/16 00:12   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

我が家にはけっこうな数の蘭がありましてね、一年中なにかどれかが咲いています。でも、やっぱり春めいてくるといろいろな種類が一斉に咲き始めます。

画像
ヤマモトデンドロビューム
昼間によいかおりがします。


画像
デンドロビューム
三ヶ月以上咲き続けます。

   
画像
カトレアの交配種の一つ
昼間によいかおりがします。


画像
アングレカム・セスキペダレ
マダガスカル島の野生種   
夜になるとよいかおりがします。
この蘭は「チャールズ・ダーウィンの蘭」とも呼ばれています。
詳細はここ(↓)
http://52305533.at.webry.info/201602/article_1.html

画像
エピデンドラム
ほぼ一年中咲いています。


画像
胡蝶蘭(ファレノプシス)
三ヶ月以上咲き続けます。


画像
ガレオペタルム
ガレオッティア(Galeottia)とザイゴぺタルム(Zygopetalum)の交配種
昼間によいかおりがします。


画像
シンビジューム
よいかおりがします。


画像
シンビジューム
よいかおりがします。


画像
アランダ
アラクニス(Arachnis)とヴァンダ(Vanda)の交配種
株の高さは1.5mくらい
命名の詳細はここ(↓)
http://52305533.at.webry.info/201403/article_3.html

この他にも蕾が伸びてきた株がいくつかあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
植物には、いくつかの女王が存在すると思います。陰陽もある気がします。自然というものは本当によくできていますね。
薔薇もまさに女王という感じですが、神秘的な存在として蘭を見ている気がします。多くを知っているわけではありませんが、甘い香りも個性としてとらえていますし、生育している環境や増え方など、不思議な側面がいっぱいあります。
蘭の虜になっている方も多いと思います。
なんだか、影を感じたり、官能的なイメージもあります。
日本でも山野草として生育しているものもありますが、実際にこの目で見たことがありません。
要請のような、小悪魔のような魅力を感じます。
ベランダ脳負(FREEHAND)
2018/02/16 10:19
ベランダ脳負(FREEHAND)さん、

蘭は育てるのが難しいようにいわれますが、植物界では1、2を争う大きな科なんですよ。Wikiによると2万8千種くらいあるらしいです。
それぞれに性格というかパーソナリティ(?)があって育てても面白いものです。
蘭の花はよく見ると皆同じ構造です。花びらは6枚あって、セパルと呼ばれる3枚の後ろ側の細いものはほぼ正三角形に伸びています。内側の3枚は逆三角形の上2枚(ペタル)との逆三角形の下の変り型(唇の意のリップと呼ばれる)1枚です。カトレアやアングレカムではっきり見えるので見て下さいね。面白いのはエピデンドラムはそれがひっくり返ってリップが上になっています。
この構造は、日本のシランでも同じです。これから戸外へ出かけて知らない花を見かけられたら、花の構造を見て下さいね。あれ、これって蘭の仲間じゃないの、ということがあるかもしれませんよ。
櫻弁当
2018/02/16 11:38
熱帯温室園に入ったときに感じる、あの香りが部屋に漂っているなんて、贅沢この上ないですね。
私は見事に何鉢かは枯らせてしまいましたから、蘭系には手を出さない様にして、もっぱら鑑賞と香りだけを楽しんでいます。
植物には相性というものがあると思っていますので相性の合うものだけにしておきます。
かなり、言い訳っぽいですね
コマダム
2018/02/16 15:31
蘭に囲まれた生活、素晴らしいですね♪
こんなにたくさんの蘭を見るのは先日新規開店したイタリアンの店内以来です(^-^)
実は以前母が住んでいた家を建て直したので3月中に引っ越すつもりです。
そこには広い庭があるのでガーデニングに精を出してスローライフを加速させようと思っているんですよ。

2018/02/17 09:20
コマダムさん、

蘭の香りは種類によって微妙に違うし、暗くなってからとか日光が当たっているときだけとか決まった時に匂ったり面白いです。
蘭が枯れる一番の原因は水のやりすぎだと聞きましたよ。胡蝶蘭は、一週間に1〜2度、水が鉢の底から流れ出るまでやって、流れ出た水は即捨てるようにすると案外長持ちします。
それから、我が家では、昔は頑張って珍しくて難しい株を育てようとしました。でも、同じ努力で難しいのは咲かないし枯れるし簡単なものはよく咲くので、結局今は簡単なものばかりです。(笑)
櫻弁当
2018/02/17 12:24
達さん、

真冬から少し日差しが強くなってくると、蘭もそれがわかるかのように咲いてくれるので嬉しいです。
あの開店ほやほやのイタリアンのお店ですか。
あら〜、広い庭のあるお家に引っ越されるのですか。3月はお忙しそうですね。ガーデニング、楽しいですよ〜。ぜひ野菜も植えて下さいね。スローライフを加速、って面白そうです。
櫻弁当
2018/02/17 12:34
綺麗ですねぇ。。
蘭は育てるのは難しいですよね!素晴らしいです~~
我家ではすぐに枯らしてしまいます。。
ballomam
2018/02/18 14:06
ballomamさん、

蘭はいったん咲くとかなり長い間咲き続けるので楽しいです。
蘭にも育てやすいのや気難しいのやいろいろありますね。胡蝶蘭やシンビジュームは簡単なほうです。コツは水をやりすぎないことです。それに、6月から9月くらいまでは直射日光のあたらない日陰の戸外に置いても大丈夫ですよ。
櫻弁当
2018/02/19 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
今咲いている我が家の蘭♪ − 2018年2月中旬 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる