サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ホット・クロス・バンズ」♪ − イースターの菓子パン −メリケン粉シリーズNo.56

<<   作成日時 : 2018/03/30 01:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、今年(2018年)のイースター(復活祭)は4月1日(日曜日)です。イースターは、グレゴリオ暦に基づいて決められ、必ず日曜日で3月か4月にあります。この日には、

画像

感謝祭の七面鳥のようにいくつか決まった料理が出されます。一番よく見られるのは骨付きの大きなハムです。
画像
イースター・ディナー
インターネットから拝借した画像

ホット・クロス・バンズ(hot cross buns)はこの時期によく食べられる干し果物やシナモンなどのスパイスが入った菓子パンです。このパンもXのマークは十字架だとか、シナモンなどのスパイスや干し果物はどういう意味があるとかいろいろ言われています。

が、櫻弁当はあまりそのようなキリスト教的説明には深入りせず、作ってみました。

ホット・クロス・バンズ − 7cm角のパン15個分(20cm角の焼き皿で6cm角のパンを9個作る場合は、この材料の半量でちょうどよく作れます。)

材料:

・ 牛乳 − 280cc + 必要なら、様子を見て大匙1〜2杯
・ バター − 50グラム − 5〜6個に切ったあと電子レンジで溶かす。多少塊が残っていてもよいです。
・ 卵 − 1個 − 溶く
・ パン用小麦粉(強力粉) − 500グラム + 打ち粉用に適宜
・ 塩 − 小匙1杯
・ 砂糖 − 75グラム
・ 赤サフ・インスタントイースト − 7グラム(小匙2と1/4杯)
画像
の上記の粉類と液体のの材料を
それぞれひとまとめにしました。

・ 植物油 − 適宜
・ レーズン(またはサルタナ(白干し葡萄)) − 75グラム
・ ピール(柑橘類の皮の砂糖漬け) − 50グラム − 5mm角に切る
・ リンゴ − 200グラム − 皮と芯を取って5mm角に切る
画像
今回はレーズンがきれていたので
デーツを入れてみました。

・ レモン(またはオレンジ)の皮 − 削って1個分 − 香がよくなります。でも、柑橘類の皮がすでに入っているので、なければ省いてよい。
・ 粉末シナモン − 小匙1杯

クロスの模様の材料:

・ 小麦粉 − 50グラム
・ 水 − 大匙3〜4杯 

特別の器具:

・ ホームベーカリーかスタンドミキサー − このパン生地は柔らかめなので、機械を使った方が楽です。
・ 小さめでしっかりとしたビニール袋 − 絞り出し用。ジップロックが適しています。
・ スケッパー

手順: 

・ ホームベーカリーに牛乳280cc、バター、溶き卵、パン用小麦粉、塩、砂糖、インスタントイーストを入れ、20分捏ねる。途中で様子を見て、生地が固いようなら、牛乳を小匙1杯ずつ加える。生地はかなり柔らかめですが、ひと塊にまとまるくらいがよいです。
画像

・ 生地を植物油を塗った容器に入れ覆いをして1時間放置する。
・ レーズン、ピール、リンゴ、削ったレモンの皮、粉末シナモンを加え、ヘラでよく混ぜる。さらに、1時間覆いをして放置する。
・ 打ち粉をでたっぷり降った台に生地を取り出し、スケッパーで生地を台から剥がして引き伸ばしては三つ折りにする。長方形になった生地を引き伸ばしまた三つ折りにするを数回繰り返す。こうすると、干し果物がよく混ざり生地もしっかりします。
・ 生地を15個に切り分け、丸めて焼き皿に並べる。
画像

・ サランラップで覆いをして1時間置く。50分目くらいにオーブンを点火し、200℃に設定する。
・ オーブンが温まる間に、小麦粉をボウルに取り、水を徐々に加えてスプーンからゆっくり流れ落ちるくらいの固さのペーストを作る。
画像

・ ビニール袋を容器にかぶせ、小麦粉のぺスートを入れ、底を3mmくらい切り取って生地の上に十文字になるように絞り出す。
画像

・ オーブンが温まったら、中段に入れ、よい焼き色が付き十文字がくっきり見えるまで約20分焼く。


このパンははごく薄甘くほんのりシナモンの香りがします。
画像

十文字の部分には特別な味はありません。作り方によっては、砂糖衣を絞り出して描くこともありますが、いろいろ見たところ小麦粉のペーストが正統派のようです。
画像
インターネットから拝借した
ホット・クロス・バンズの画像

<おことわり>
今回は、生地が柔らくなり過ぎたようでかなり平らなホット・クロス・バンズになってしまいました。(汗)またちゃんとしたのが焼けたら画像を取り換えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イースターにも決まった食べ物があるのですね。
日本の教会ではイースターの当日に絵を描いたゆで卵を配ることが決まりのようです。
USのイースター、僕はどっちかと言えばホット・クロス・バンズより骨付きのハムに齧りつきたいです(笑)
不信心極まりない日本人はクリスマスには飽きてしまったようで、セントバレンタインデーにうつつを抜かしていると思っている間にハローウィンに移り気して、今やイースターにまで手を出そうとしています(笑)
勿論その裏には商魂たくましい連中がそれを煽っているのですが、皮肉なことにそのお陰で日本でもクリスチャンの間でしか馴染みのなかったイースターがいっぱんのも知れ始めて来ました。

2018/04/07 11:02
達さん、

USの祝日はたいてい決まった食べ物とテーマカラーがあるようですね。イースターの色は水色、ピンク、ひよこのような黄色などの柔らかいパステルカラーです。
色付けした茹で卵は、エッグ・ハント(egg hunt、卵狩り?)といって子供のいる家では芝生にいくつも置いてバスケットを持った子供たちがキノコ狩りをする要領で拾ったりします。
達さんはやっぱりメリケン粉よりもハムですか。
イースターはそれだけではなくその前にもレントだとか椰子の日曜日や灰の水曜日とかいろいろありますね。私はキリスト教徒ではないのでよく知らないのですが、イースターだけ(商業的に)祝っても意味があるのかなという気がします。でも、考えてみればクリスマスだって似たようなものかもしれませんね。
櫻弁当
2018/04/07 11:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ホット・クロス・バンズ」♪ − イースターの菓子パン −メリケン粉シリーズNo.56 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる