サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年にUSから日本とベトナムを旅行した話 − その6: サイゴン

<<   作成日時 : 2018/05/18 01:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

成田空港を17時前に発ちサイゴン(ホーチミン市)に着いたのは現地時間で21時過ぎでした。時差は2時間なので実際は6時間あまりかかります。

画像
サイゴンの中心部

ホテルはグエン・フエ(Nguyen Hue)という大通りにあります。↑の地図では☆が付いたところです。

ベトナム語は母音も子音もとても微妙です。例えば、日本語で言うと「ガラス」のガと「私が行きます。」という時のガは区別します。グエンは「私が」のほうで少し鼻音が入るのでNで始まるのです。

このホテルに泊まるのは2回目です。このホテルからはサイゴンの主な観光スポットは歩いて行けます。
因みにホテルからグエン・フエの北端にある市庁舎まで500メートル足らずです。

画像
ドン・コイ通りにあるオペラハウス
フレンチコロニアル様式の建物
南ベトナムの頃は国会議事堂として使っていました。

ドン・コイ通り(Dong Khoi)はグエン・フエ通りの東側に平行している道です。この通りも色々なお店があり観光客が多いです。

オペラハウスの隣には19世紀のフランス支配の時代からのコンチネンタル・ホテルがあります。このホテルは歴史がありとても良いホテルです。

が、一つだけ致命的な欠点があります。このホテルからタクシーを拾うのは不可能に近いのです。たぶん、その近くのレ・ロイ通り(Le Loi)の地下鉄工事のため車が通行止めになっているからかもしれませんが、ホテルでもタクシーを呼んでくれません。これに懲りて、今回はサイゴン・プリンスに戻りました。

画像
ノートルダム大聖堂

さて、ドン・コイ通りを北上すると、ノートルダム大聖堂が見えてきます。

画像
中央郵便局
外景

ノートルダム大聖堂の東横にはこれまたフランス支配時代にできた中央郵便局があります。

画像
中央郵便局
内部

この郵便局にはお土産屋さんなどが入って観光地化されています。人が多いですが、今でもほんとの郵便局です。

画像
独立宮殿
外景

さて中央郵便局から公園の中を通るようにレ・ズアン通り(Le Duan)を西に向かって進むと独立宮殿があります。独立宮殿は南ベトナムの大統領の官邸です。今は当時の様子を知るための博物館になっています。

地上階は立派な会議場や内閣が集まる部屋、大統領のオフィス、宴会場、迎賓室などがあり、さらに上階には大統領の家族が住んでいた部屋などがあります。

今回興味深かったのは地下でした。地下には防空壕や小さな軍事司令室などがあり、戦争をくぐりぬけてきた宮殿という印象が残りました。

画像
独立宮殿
キッチンにあったスタンドミキサー

キッチンエイドにも似たようなミキサーはありますが、こちらは巨大です。

さてここらで、子供たちはだんだんしんどくなってきました。そりゃそうでしょう。櫻弁当としては朝早く起きてさっさとホテルの朝バイキングを食べ涼しいうちに歩けばいいと思ったのです。

が、現実はなかなかそうはいきません。皆さん、ごゆっくり朝寝をしごゆっくり朝食をとったので、ホテルを出たのは11時ごろでした。

日本の25℃からベトナム35℃という温度差もバカになりません。ハビーによれば、ホテルのフロントのおじさんも「早く出たほうがいいですよ。暑くなりますよ。」と言っていたらしいです。やっぱし・・・

まぁ、とにかくこの辺りでランチにすることにしました。

<ランチ> − 独立宮殿の前にあるクアン・ゴン138(Quan Ngon 138)

意味は「おいしいレストラン138」です。138はナム・キイ・コイ・ギア通り(Nam Ky Khoi Nghia)の138番地にあるからです。
画像
アペタイザー盛り合わせ

ベトナム料理には必ず生野菜が付いてきます。ちゃんとしたレストランではたぶん大丈夫とは思いますが、生野菜を食べる時は念のため葉っぱの裏表を調べたほうが良いです。

ベトナムでは、生野菜や切ってある果物を食べると、お腹を壊すことがあります。以前ローカルの行くフォー屋さんに行った時、葉っぱに土の塊が付いていたことがありました。ローカルの人たちは慣れているのかそれでも病気にならないようです。

画像
カニ春巻き

このカニ春巻きはいつも必ず7cmほどの正方形に作ってあります。カニの身が一杯入っていてとても美味しいです。

さてこの後はナム・キイ・コイ・ギア通り(Nam Ky Khoi Nghia)を南下してレ・ロイ通り(Le Loi)を右(つまり西)に曲がるとベンタンマーケットに着きました。

レ・ロイ通りはもともと幅の広いきれいな通りなのですが、今は地下鉄を作るため柵で囲ってあり車が入れません。

ベンタンマーケットはごじゃごじゃ感が面白いです。でも、実際に買い物をするところではありません。

この辺りで子供たちとは別れて別行動することにしました。

子供たちはスマホもあるし地図も持っています。櫻弁当は自分たちの苗字の付いた通りを通るとグエン・フエに出て、右側に曲がるとホテルがあると教えておきました。そしてどうしてもわからなければヴィーナサン(Vinasun)かマイリン((Mai Linh)のタクシーで帰るように言っておきました。

画像
グエン・フエ通りの中央分離帯

グエン・フエ通りの中央分離帯は、実際に車が通る道よりずっと広く木もたくさん植えてあります。、夜になるとやや涼しくなるので人が一杯です。向こうに市庁舎が見えています。

子供たちは結局タクシーは使わず自力で帰ってきました。

<ディナー> − ドン・コイ通りのフォー24(Pho 24)

画像
またもやアペタイザー盛り合わせ

皆、ベトナムでは本場のフォーを楽しみにしていたので、フォーを頼んで美味しい美味しいと言って食べていました。

櫻弁当はこのお店ではフォーを食べたことがあるし、暑くてフォーを食べる気にもならず、アペタイザーの盛り合わせです。、


<おまけ> − 観光客は鴨?

しかしですね、一部のベトナム人には観光客はだまして金を巻き上げるのが当たり前、というかだまされる方がアホだと考えているフシがあります。皆が皆ではなくて、あくまでも一部だけではありますが。

気を付けなくてはならないのはタクシーです。道を知らないと思ってグルグル回ったりメーターがおかしいことがあります。必ず、ヴィーナサン(Vinasun)とかマイリン((Mai Linh)など、ちゃんとした評判の会社のタクシーを使いましょう。

ベンタンマーケットも見るだけなら良いですが、値段が表示してないし値切ってもあまりまけません。結局、品質の割には高い値段で買うことになってしまいます。

こういうことはこちらも用心しているのでだまされることは滅多にありません。でも、最近では、タンソンニャット空港の中でまんまとしてやられました。

空港の中に机を置いて、到着した観光客にタクシー!タクシー!と叫んでタクシーの手配をしてあげようというソン・ヴィエット(Song Viet)という業者がいるのです。6人のグループで大きな荷物もあるしタクシーを拾うのは難しいかなと思って、この業者に6人乗れるミニバンを手配してくれるように頼みました。
画像
ソン・ヴィエット株式会社
Công ty cổ phần = 株式会社
こういう書類を残すのが変わっている。

業者はOK、OK、お安い御用というので普通のタクシーの二倍近くの運賃を払って乗り場に行きました。ところが、あるのはミニバンではなくSUVでした。運転手は6人は乗れるけれど荷物は運べないと言って知らん顔です。

これは、言葉の問題ではありません。ハビーがベトナム語で交渉したのです。

結局SUVを二台使ってホテルまで行きました。運賃は車一台につき相場の二倍かかりました。これなら、最初からタクシー乗り場でSUVのタクシーを二台拾えば済むことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
日本にはいいタイミングで来られたんじゃないでしょうか。ここ最近、蒸し暑くさわやかな5月なんてどこへやらという気温でした。
カラッと暑いのだと頑張れてもムシッとでは気も滅入るです。
ぼったくり、要注意でしょうけど、だまされてもわからないでしょうね、日本語オンリーですからやっぱりツアーにした方が良さそうな私です。
コマダム
2018/05/18 21:15
コマダムさん、

そちらはそろそろ蒸し暑くなりそうなのですか。日本にいた時はお天気もまずまずだったし気温もちょうどよかったです。
サイゴンでは到着して空港の建物を出ると、もう、モワッとした湿気を感じます。今までに四月と十一月に行ったのですがいつも暑いです。
ボッタくられるといっても、まだなんでも安いので泣くほどの被害はありません。ベトナムの通貨のドン(VND)は1円=200ドンくらいです。硬貨はなくてお札ばかりで、額面には0がやたらと多いので間違えやすいです。たぶん、間違って一桁大きいお札を出してそのまま盗られるという場合のほうが多いかもしれません。
英語もあまり通じないしベトナム語を話せなければ、単独の旅行はかなりの冒険でしょうね〜。
櫻弁当
2018/05/19 06:51
タンソニャット空港、ホテル・コンチネンタル、・ホテル・マジェスティック・リバーサイドホテル、カラヴェルカホテル、コロニアル時代のプチ・パリ懐かしいですね♪
ベンタイン市場は今はそんな風になってしまっていますか?観光客目当てで値段が高くなってしまった札幌の二条市場みたいですね。
やはり僕は食べ物に目が行ってしまいます。南ベトナム(しか知らない)の料理は香港やバンコクとはまた違う文化なので、食べ歩く楽しみは格別なのでしょうね。
再び訪れる機会があれば、まず蟹春巻きです(笑)
フォーもいいですねぇ♪何年前に九龍で食べたフォーが今いちだったのでリベンジしたいです。
どこの国にも雲助のようなタクシードライバーはいるものです。空港は特に気をつけないと、というか気を付けていても出鱈目されることがありますね。
ディナーの生春巻きも美味しそうです



2018/05/19 13:52
しょっちゅうベトナム界隈に旅行する人のブログを覗くのですが、やはり早朝から町歩きして屋台で朝食食べて、日中はホテルに戻って昼寝して夕方散歩して、、、って感じですね
ベトナム語で交渉してもボラれる? うむむ、旅行初心者にはハードル高すぎ(汗
マーシャの乳母や
2018/05/20 01:21
達さん、

見て回った所はベンタンマーケットを除いてほとんどがフレンチコロニアルの建物ばかりなんですよ。これはベトナムという国にとって、いいことだったのか占領されて悪いことだったのか微妙な気がしますね。
ベンタンマーケットは、ローカルの人たちはもう買い物には行かないと言っています。ただし、肉や魚、野菜などの生鮮食料品店にはまだローカルが来ているかもしれません。生鮮食料品店は昼頃にはもう売り切れて店じまいしています。
蟹春巻き、美味しいですよ。これはUSのベトナム人が多い所でも見たことありません。本来はニャチャンなど海辺の町の名物のようです。それに、揚げてあるから安心です。
サイゴンの街中だとどんなに走っても10ドル以下で、二倍盗られても大したことはないのです。でも、癪にさわります。
生春巻き、美味しかったですよ。ベトナム料理はアペタイザーが豊富で美味しいと思いました。
櫻弁当
2018/05/20 10:03
マーシャの乳母やさん、

やっぱり、そうでしょう。何せ、暑いですから。
屋台で朝食、っていうのはちょっと衛生面で怖いですね。たぶん、ブログの方は清潔なお店を知っていらっしゃるのでしょう。
あんまり脅し過ぎたかもしれません。金額として1000円代の損でした。街ではスリに気を付けて、どういうサービスや品物にいくら払うときっちり納得するまで話をつけると大丈夫です。
櫻弁当
2018/05/20 10:14
日本の治安は良いのですね。考え方が違うのか、その場だけもうかればよいという商売人は少ないですね。
寿命より長い商売やっているお店や法人が信用できますね。
生春巻き=フォーなんですか?
なんであれ4個あればフォーとか、あなたのために作ったんですよといえば、フォー・ユーですかね。(笑)
清潔かどうかは失礼ながら別としても、豊富な野菜や果実の国ですね!
ベランダNO負(FREEHAND)
2018/05/22 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年にUSから日本とベトナムを旅行した話 − その6: サイゴン サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる