サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年にUSから日本とベトナムを旅行した話 − その2: 奈良

<<   作成日時 : 2018/05/06 01:19   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

旅行に行く1カ月前くらいから、ツアコンの櫻弁当は毎日毎日天気予報を見て天気の心配をしていました。長期の天気予報など当てにならないのに全くご苦労さんなことです。

画像
東大寺大仏殿
背景の雲の様子もよいですね。

はじめはずっと奈良行きの水曜日が雨になりそうでした。でも直前になると、その前日の火曜日が怪しくなりそうでした。結局は火曜日のディナーでビアベリ―にいた時にザーッと来たらしくて帰りにはもう雨がやんでいました。

その後は日本でもベトナムでも雨には遭いませんでした。日ごろの行ないがよい証拠と言えるかもしれません。
画像
興福寺、東金堂(左)と五重塔(右)

さて、それはさておき二日目の水曜日は近鉄奈良駅から東向き商店街へ、そこから北円堂に出る近道で興福寺にやって来ました。

この辺りから二番目の娘がお寺や神社に行くと、ひしゃくの水で手を洗ったり拝んだりがとても気に入りまして、機会があるたびやっておりました。
画像
興福寺南円堂

また、この辺りから、さる国の観光客さんたちが鹿に乗るなどの虐待をしたり、写真を撮っているところを素知らぬ顔で横切ったり、押したり、何かを順番で待っているところを割り込んだり、なんだかなぁという行為にもでくわしました。

この後奈良国立博物館の方向へ歩いていくと、鹿せんべい売りさんがいました。そこで皆一つずつ鹿せんべいを買うと、人懐っこい鹿さんたちに追いかけまわされていました。子fどもたちにはこういう経験は初めてだったようです。
画像
東大寺南大門

ええですなぁ、東大寺。八世紀の人間がこんながに立派なものを作れるなんて感無量です。

と思って後で調べてみると、もともとの南大門は火災で破壊され、12〜13世紀の鎌倉時代に建て直されたそうです。

大仏殿も鎌倉時代と江戸時代に建て直されました。もともとのサイズの木材がなくて、建て直された建物は以前よりもやや小さめになっているそうです。(東大寺公式ホームページより)

しかしながら、今でもなお木造の構造物としては世界最大級です。土木エンジニアの三番目の娘はいたく感心しておりました。

画像
東大寺南大門
金剛力士阿形像

この辺りは、いつでも修学旅行の生徒さんが多いです。生徒さんたちの先生やガイドさんの話を立ち聞きすると、面白い話を聞くこともできます。

大仏殿の回廊にある柱の一つには地面に着いた部分に幅30cm高さ37cm(+柱の直径120cm)の穴が切ってあり、「柱くぐり」といってくぐりぬけられるようにしてあります。櫻弁当たちが見ている時は、修学旅行の生徒さんたちが長い列になってくぐりぬけておりました。そんなに大きくない生徒さんでも出てくるときはけっこう大変そうでした。

しかしながら、立ち聞きしたガイドさんの話によると、人間は頭と肩さえ通ればお肉や脂肪はあっちに寄せたりこっちに寄せたりしながらなんとかなり、誰でもその気になれば通れるものだそうです。(でも、くぐらなかったけど。(笑))
画像
東大寺盧舎那仏

因みに柱くぐりの穴は大仏様の鼻の穴と同じ大きさなのだそうです。(ウィキペディア、東大寺大仏殿より)
画像
昼ごはんの天ぷら蕎麦

さて、大仏殿を出て右手に行けばもとに戻ります。が、そちらには行かず左手に進みました。こちらに進むと二月堂や三月堂に出ます。

でも二月堂や三月堂はパスして右手に進むと若草山のふもとを春日大社に向かって歩きました。この辺りで、子供たちは腹減ったと言い出しました。もう数百メートル進めばあらかじめ調べたお店があるのですが、お腹が空くと機嫌の悪くなる子もいて近くのお店に飛び込みました。機嫌の悪くなる子、といってももう30代の大人です。(まぁ、いいけど。)
画像
春日大社南門

若草山のふもとから水谷茶屋を横目で見ながら春日大社に着きました。

奈良公園の桜はほぼ終わり、春日大社の砂ずりの藤は咲き始めたばかりでまだ花穂が短かかったです。
画像
春日大社参道

苔むした石灯篭の並ぶ表参道を近鉄奈良駅に向かって歩きました。

元興寺やならまち散策は割愛です。

<ディナー> − 京橋の焼肉屋「松井」

子供たちはお肉となればはたくさん食べること。(@_@。他に冷麺やいろいろあるのにお肉に集中です。

これで二日目は無事終了♪

<おまけ> − 子供たちはポカリスウェットが好き

JRの駅の自動販売機でハビーは皆に水を買いました。押すボタンを間違えたのか出て来たのはポカリスウェットでした。

子供たちはスウェット(汗)を飲むなんてと一瞬たじろぎました。カルピス(牛のおし〇こ)と同じで、意味を考えずカタカナの音の響きだけで名前を付けると時々変な商品名になります。

でも、ポカリスウェットは電解質やブドウ糖などが入っていて飲むとけっこう美味しいらしく、その後時々自分で買っていました。ポカリスウェットはベトナムにも売っていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪の次は奈良だったのですね。
一時期奈良に興味を持って東大寺や興福寺を散策したことがあったので、僕にも懐かしい風景です。
娘さんたちも奈良の鹿のなつっこさや厚かましさを驚きを持って体感されたようですね。
夕食は再び松井に行かれましたか
僕が行き始めた1990年頃はもっとリーズナブルだったけど、松井はいろんな部位の焼肉を結構美味しく食べられる良い焼肉屋さんですよね。
ポカリスエット、これまで深く考えたことはなかったけど、読みながら笑ってしまいました

2018/05/06 09:00
大阪で生まれ育つと、京都・奈良は遠足のコースでしょっちゅう行かされてましたが、何せ子供、興味がないことなのでほとんど覚えていないのです。
若草山には鹿のフンがいっぱい落ちていたということくらいです。
お肉の移動、空きスペースがあってこそできるんでしょから、私はできないですね。
だって柱を切るなんてことになったら・・・
コマダム
2018/05/06 13:48
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)
omachi
2018/05/06 16:56
奈良は修学旅行で行きました。古代を感じさせるものが多くあり、今でもあこがれの場所ですが、観光地という部分で、かまえてしまいます。人が多いことが苦手です。廬舎那仏は中学生のころに感動して、版画を掘りました。美術の時間のグループ制作でしたが、楽しくて、一人で作ってしまいました。法華寺や興福寺など、同じ伽藍のなかにあると思っているほど、あの地域に密集してることも魅力ですね。興福寺の仏塔のレプリカが大学のデザイン学科に置いてありましたが、実物は見ていません。知っていて見ていないものが沢山あって、正直、京都より好きかもしれません。関西のそばは、塩をきつく感じてしまうので、今もなじめませんが、浅草のそばもきつく感じます。
自分では信州のお蕎麦がたまらなく惹かれます。交際中の彼女は、信州出身です。(笑)
ツアコンお疲れ様です。
ベランダNO負(FREEHAND)
2018/05/07 16:27
達さん、

はい、大体前回と同じような旅程でした。
奈良はいいですね。京都もいいですが、また違った味わいがあるような気がします。
USでは鹿は全く懐かず逃げるばかりなので、とても面白がっていました。町の中に普通にいるのにも驚いていました。
松井では、ほんとは特選ロースが欲しかったのですが、切れていました。普通のロースにしましたが美味しいですね。子供たちは野菜やキムチ、レバーやタンも頼んでいました。
ポカリスエットのスエットはアルファベットでSWEAT(汗)と書いてあり、見た途端ギョッとしておりました。(笑)それでもめげずに飲んでみるところが我が娘たちです。(笑)
櫻弁当
2018/05/07 23:35
コマダムさん、

大阪だったら遠足は京都・奈良でしょうね。私は兵庫県で育ったので姫路城でした。(笑)
そうそう若草山にも鹿さんたちがたくさんいました。子供って面白い所に注意が向くものですよね。
お肉はやっぱり動かせる隙間がないとね。(笑)私も、柱の中で詰まってしまったらどうしよう?と思って思いとどまりました。
櫻弁当
2018/05/07 23:43
omachiさん、

情報ありがとうございます。見てみます。
奈良時代はそれほど長くなかったけれども、日本が一つの国と思いはじめた頃のようで、興味が尽きませんね。
櫻弁当
2018/05/08 01:38
ベランダNO負(FREEHAND)さん、

奈良には修学旅行で来られたのですね。奈良は観光地ですが、京都に比べると観光客密度が低くまだ落ち着いた雰囲気があるように思います。
東大寺や興福寺は何回行ってもいいなぁと思ってしまいます。今回はならまちにある元興寺にも行ってみたかったのですが、結局パスしました。わたしも、関西のお蕎麦も、まだこれだというものは食べたことがないのです。これでまた行く言い訳ができたようなものです。(笑)
NO負さんも、チャンスがあったらまた訪ねてみて下さいね。
ツアコンはごちゃごちゃ言ってますが、けっこう楽しかったです。(笑)
櫻弁当
2018/05/08 01:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年にUSから日本とベトナムを旅行した話 − その2: 奈良 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる