サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年にUSから日本とベトナムを旅行した話 − その5: 姫路

<<   作成日時 : 2018/05/12 01:33   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

さて日本5日目は姫路に行きました。姫路城は櫻弁当が子供のころから知っていて何回も行ったことがあるお城です。でも、何回行ってもいいものです。

画像
姫路城
大天守(右)と西小天守(左)

姫路にはJRの環状線京橋駅から大阪駅に出て新快速でやって来ました。私鉄と比べるとJRのほうが電車のスピードが速いですね。
画像
瀬戸大橋の見える風景

姫路駅を出るといろいろな団体や学生さんたちが募金を募ってしました。その一つに犬を連れたグループありました。どうやらレスキュードッグを支援してほしいらしいです。

そう説明すると、義理の息子は早速募金箱にお金を入れました。横でレスキュードッグを連れたおばさんが驚いたように見ていました。それで櫻弁当は、この人は義理の息子で、犬が好きで何とか(忘れた!)テリアを二匹飼っている話をしました。

長女と義理の息子はそのレスキュードッグに話しかけたり撫でたりしばし遊んでおりました。その犬は穏やかな性質らしく嬉しそうにしていました。おばさんはこの子(犬)はいい子だからアメリカに一緒に連れて帰って下さいよと言いました。

そうしたいところだけれど、無理なのでまたお城に向かって歩き始めました。時間を見るともう11時過ぎです。そこで先にランチを食べることにしました。
画像画像
左: 天津飯の(小)
右: ランチセットのC

今日のディナーはミニ懐石を食べる予定です。なので、種類がカブらないように連れてきたのは紅宝石(こうほうせき)という庶民的な中華屋さんです。姫路駅からお城に向かう大手前通りより一本東の車道にあります。

量と値段はびっくりするほどリーズナブルで、本格的中華料理というよりも日本人の口に合うお味です。

<余談> − 押してもダメで引いてもダメなら横にすべらせてみな、という話

さて、お腹もいっぱいになったことだしそろそろお城に行こうかということになりました。まずはその前にお手洗いに行っておきましょう。

お手洗いにはノブ(取っ手)の付いたドアがありました。ドアは押しても動きません。引いてみましたが動きません。中に誰かがいるのだろうと待つことにしました。5分以上経ってもシ〜ンとして人の気配がありません。

それから、さらに5分待ちました。それでも誰も出てこないので、どうなっているのだろうと意を決してノブを横に押してみました。すると、ものすごく驚いたことにはドアはス〜ッと動きました。

中にはトイレがいくつもあり、誰もいませんでした。長いこと外で待っていた自分がおかしくてしかたがありません。でも、引き戸なのにノブを付けるなんて分かりにくいではありませんか。(笑)

さてその後、皆お店から出てハビーが最後に出て来ました。が、どうしたわけかドアが開いているのに、立ち止まってガラス戸を開けようとガラスを触るような恰好をしました。どうやら、綺麗に拭いたガラス戸があると思い込んでいたようです。その時ちょうど同時にお店を出ようとしたよそのおじさんが、開いてますよと言ったので、あ、そうなんだと出てきました。

このお店のドアは、なにかと人をたぶらかす癖があるようです。

画像
姫路城

姫路城では子供たちにはしっかりゆっくり見て回ってほしいと思ったのでを、15時(2時間半後)に大手門で待っているからと入場券を買ってから子供たちと別れました。

ハビーの癖はシャキシャキ先にに行って説明を読んだり時間をかけて見たりしないのです。そうなると、いずれにせよ団体行動は無理でバラバラになってしまいます。
画像
姫路城
池田氏の揚羽蝶の瓦紋

姫路城はお城を建てたり修理したりその時そのその時の住人だった氏族が瓦紋を付けたので、何種類か違った瓦紋が付いています。
画像
姫路城
はの門へ続く通路

天守閣が目の前に見えてここを過ぎるとすぐ着くように思います。が、門をくぐると左側に進むようになります。だんだん自分がいったいどちらに向かって進んでいるのか分からなくなります。
画像
姫路城
出格子窓(でごうしまど)のある回廊

天井も高いです。
画像
出格子窓(でごうしまど)から見える大手前通り

この先に姫路駅があります。
画像
姫路城
東大柱

姫路城は東大柱と西大柱の二本の柱で天守が支えてあります。西大柱は二本の木を継いであり、東大柱は一本柱なのだそうです。木なので根本が腐ることがあり根継(ねつぎ)をして修理してあるそうです。
画像
姫路城と城下町の様子
天守閣内の展示物

大手前通りの辺りも家が建っていたようです。
画像
姫路城
ほら貝を吹く武将

この他に忍者やくノ一さんもいました。前回は千姫さまもいて写真に入ってくれたりしましたが、今回はお見かけしませんでした。

さて、時間になると皆戻ってきました。ちゃんと西の丸も見てきたそうです。

<ディナー> − 加古川プラザホテルの東京田村のミニ懐石

画像

姫路からJRで15分戻った加古川の辺りに親戚がいまして、ディナーを一緒に食べました。
画像
茶わん蒸し

この他にお澄ましやタケノコご飯が出ました。
画像
デザートのミニ白玉ぜんざい

子供たちには、このようにちょこちょこ少しずつ食べる食べ方も興味深かったようです。

さてこれで五日目も無事終了♪明日は一日がかりでベトナムに移動です。

<おまけ>
 − すぐに日本人だとわかる言葉

櫻弁当の娘たちは皆日本語はわかります。でも、あんまりしゃべりません。その言い訳は、自分達の日本語は外人なまりがあるので恥ずかしいからだそうです。でも、日本にいる間に日本語を聞いてそのまねをしたりするようになりました。

その一つは、「そう、そう、そう、そう、そう。」です。

そう思って注意すると、これがあっちからもこっちからも聞こえてきます。「そう」は三回のこともありますが、たいてい五回が多いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いらしていたのですね♪15時に大手門ですか。。後1時間後ならヴィフが会えたかも?です~~
ballomam
2018/05/13 14:43
姫路城は父の母方の実家が本多という姓で、維新まで姫路藩の家老職を務めていたので、もう150年も経っているのに何となく身近に感じます。家に残る古地図を見るとお城の周りに3軒も屋敷を構えていたようです。
姫路城は新装工事が終わってから更に内外の観光客が増えて、以前の姫路では考えられない観光都市に変っているようですね。
中華料理を食べられたのはアーケードのあるみゆき通りでしょうか?僕も客先に向かう途中デカさんとしばしば昼食をとった思い出のある懐かしい通りです。

姫路城は見所が沢山あるので娘さんや義息さんたちにとっては興味深い日本の文化に触れる場所になったでしょうね。
夕食をとられた東京田村も懐かしいです。
東京出張時にしばしば泊まった銀座東武ホテルに田村が入っていましてね。商談や朝食によく使ったものです。
姫路にはご無沙汰しているので、お墓参りを兼ねて久し振りに行ってみたくなりました

2018/05/13 16:18
ballomamさん、

え〜?たった一時間違いですか?ヴィフちゃんがいたなら、犬好きの長女夫婦のことですから、間違いなく見つけてナデナデしてると思います。完全にすれ違いでしたね。
櫻弁当
2018/05/14 07:16
達さん、

姫路藩の家老職、凄いご先祖様をお持ちなのですね。お城の周りに3軒お屋敷って、天守閣の展示物にお城と城下町のジオラマがありました。ひょっとしたらその中にあるかもしれませんね。
姫路城は日本のお城に興味のある人なら絶対一度は見てほしい所です。姫路城観光協会みたいな口ぶりになってしまいましたが、お城と言えば姫路城と思って育ったので思い入れがあります。(笑)
紅宝石は大手前通りと並行していて、みゆき通りよりも東側の車が走れる道筋にあります。JR姫路駅とお城の間のちょうど真ん中のくらいです。あの辺りもよく注意すると面白いお店がありそうですね。
今回の旅行は神社仏閣にお城と押さえる所押さえておきたかったので、強行軍になってしまいました。今度自分達で来るときは旅館でゆっくり、とか楽しんでほしいです。
東京田村は達さんも使われたのですね。
京都から姫路はJRの新快速で1時間半くらいです。ぜひ、またお訪ね下さい。
櫻弁当
2018/05/14 07:36
充実した様子がうかがえて、ほほえましく思えます。築地田村の懐石ですか?奇麗な盛り付けで、日本人でも素晴らしいと思ってしまいます。盛り付けは大事だなといつも思います。その前温かいうちに食べてしまうので、残念な私です。
So,So,Soというのはいかがでしょうか?
世代間でも言葉が異なるので、つらい時があります。
ベランダ納富
2018/05/15 16:45
ベランダ納富さん、

ほんとに近畿地方をかすっただけなんですが、子供たちとって日本入門になったらいいのだけど、と思っています。
ラーメンやお好み焼きとかのB級グルメは面白くて楽しいです。でも、懐石はまた別物ですね。ビジュアルもきれいで皆気に入っていました。
so so so、私も全然気が付きませんでした。言われてみて人の多い所で心と耳を澄ませるとしょっちゅう聞こえてきます。老弱男女を問わず使っているみたいですよ。(笑)
櫻弁当
2018/05/16 06:21
懐石は目で食べるといいますから、気に入ってもらえると嬉しいですね
そう、そう、そう、、、 3回かな?(笑
ballomamさんとすれ違い、残念でしたね〜
マーシャの乳母や
2018/05/20 01:04
マーシャの乳母やさん、

懐石はやっぱりきれいですね。子供たちはみな神妙に食べていましたが、一口一口いろいろなものを味わえるので喜んでいました。
3回ですか?(笑)電車に乗ったり人混みに出ると、あっちからもこっちからも聞こえてきましたよ。
ヴィフちゃんがいたら間違いなくわかったと思います。ほんとに残念。
櫻弁当
2018/05/20 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年にUSから日本とベトナムを旅行した話 − その5: 姫路 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる