サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS プラムの「クランブル(英名)」または「クリスプ(米名)]♪ - メリケン粉シリーズNo.58

<<   作成日時 : 2018/06/22 00:54   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

さて、今年も我が家にはプラムの季節がやって来ました。我が家にはいくつかの果物の木がありますが、毎年いやほど生るのはこのプラムだけなのです。

画像

このプラムは熟する前は実がしっかりと硬くてとても酸っぱく、熟しすぎると表皮も果肉も赤くなり甘くなりますが実がグチャグチャに柔らかくなります。
画像

だから、ちょうどその中間の皮が一様に赤くなって香りが出て甘味も増し、しかも実がまだしっかりしている時に食べなくてはなりません。これがけっこう難しい。というのはこのような状態はほんの短い間だけなのです。
画像

このプラムは、調べてみたらどうやら日本スモモ由来のサンタローザ(Santa Rosa)という品種のようです。サンタローザは1906年にUSのカリフォルニア州サンタローザで出来た交配種です。かなり古い品種なんですね。

さて話は変わりまして、この食べ物の名前のクランブル(crumble、ボロボロ崩れる)はイギリス発祥です。クランブルには甘いタイプと塩味のバージョンがあります。

甘いものは果物の上に砂糖で甘味を付けたボロボロ崩れたトッピングを乗せてオーブンで焼きます。

塩味タイプは、肉類や野菜にチーズなどの入ったトッピングを乗せます。ちょっとグラタンに似ています。

甘いタイプのクランブルは、イギリスでは食料品が限られていた第二次世界大戦にパイの代わりとして人気が出たそうです。

ところが、USにはこれと全く同じ食べ物がクリスプ( crisp、サクサク、パリパリしたもの)という名前で存在するのです。使う果物はプラムに限らず、リンゴ、サクランボ、モモ、ナシ、ブルーベリーなどのベリー類と様々です。(以上、Wikipediaより)

イギリスとUSで同じ食べ物なのに(わざと?)違う名前で呼ぶっておもしろいですね。

与謝蕪村は「梅咲きぬどれがむめやらうめじややら」と詠んだそうですが、このスイーツはさしずめ「デザート焼きぬどれがパリパリやらボロボロじゃやら(字余り)」という感じですね。


クランブルまたはクリスプ − 20cm四角の焼き皿1枚分

材料:

・ プラム(または他の果物) − 500グラム −種を取って6つ割り − 試食してをどれくらいの甘味があるかみてください。
・ グラニュー糖 − 果物の甘さによって大匙2〜3杯 − このプラムは試食して見て甘くなかったので大匙3杯使いました。
・ 赤ワイン − 大匙1杯半
・ バニラ香料 − 小匙半杯
画像
小麦粉(左)とオートミール(右)

・ 小麦粉 − 50グラム
・ オートミール(押し麦) −50グラム
・ 三温糖 − 大匙3杯
画像
刻んだオレンジピール

・ オレンジの皮のすりおろし − 小匙1杯 − なければ刻んだオレンジピール10グラムかオレンジマーマレード小匙1杯。どうしてもなければ省く。
・ 塩 − 小匙8分の1杯
・ 粉末ナツメグ − 親指、人差し指、中指で軽くひとつまみ
・ 冷たいままのバター − 40グラム(大匙2杯半) − 10片くらいに切っておく。

手順:

・ オーブンを点火し、190℃にセットする。
画像

・ 焼き皿にプラム、グラニュー糖、赤ワイン、バニラ香料を入れ、よく混ぜて平らにする。
画像

・ フードプロセッサーに小麦粉、三温糖、オレンジの皮、塩とナツメッグを入れ、2〜3回ブッブッブとパルスして混ぜ合わせる。(1)
・ さらに切った冷たいバターを加え、5〜6回パルスする。バターの粒粒が見えるくらいでちょうど良いです。(2)
・ オートミールを加えて2〜3回パルスする。(3、4)
・ この小麦粉とオートミールの混合物を焼き皿の果物の上に満遍なく振りかける。
・ 温まったオーブンで40〜45分焼く。
画像


出来立ての生暖かい時にちょっと試食…ムム、しゅっぱ〜い。(+_+)

このプラムは未熟過ぎたかも…切り口がほとんど黄色だったけれど、もうちょっと果肉に赤味が出てきてからのほうがよかったかも・・・
画像

これだったら、アイスクリームを足してアラモードにするか、ホイップクリームを足して酸味を和らげる工夫をした方がよさそうです。でも、ご安心ください、一晩、冷蔵庫に寝かせると味が馴染んで酸っぱいながらも食べやすくなりました。

もちろん、未熟なサンタローザプラムほど酸っぱくない他の果物だと、出来立てでも美味しいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
完熟プラムが売っていたので買いましたが、果肉が透き通って酸味もなくおいしかったです。
ただただかぶりついていただきました
櫻弁当さんの料理に対する姿勢はスゴイといつも感心しています。
蒸し暑い日は台所にたって汗をかかずに済ませる方法はないかとラクをしたい私は・・・
夏バテにならないようにだけはしていますけれどね。
コマダム
2018/06/22 21:29
コマダムさん、

最近出来た交配種能力プラムはおいしいですね。我が家のは食べる時期を間違うとそれはもう酸っぱいのです。まさしく酢モモです。(笑)酸っぱいのは皮なので剥いて食べてもよいのですが、皮に抗酸化剤とか良い栄養素があるので、辛い所です。
果物に火を通すのはヨーロッパでよくやります。たぶんですが、プラムとかサクランボは短期間にたくさん生るので何とかしようとしているのでは、と我が家のプラムから推測しています。
そう言えば日本料理は全般に加熱する時間が短いですね。たぶん、暑いからなんでしょうね。
夏バテ、しっかり栄養を摂って乗り越えてください。
櫻弁当
2018/06/23 09:50
プラムは好物なので見掛けると買ってしまいます。
だからプラムがたくさん穫れるというのは羨ましい限りです。
僕はあの甘みと酸味の交じり合った味が好きなのですが、冷蔵庫に入れておくと時間が経つにつれて甘みが増して来ますね。
ところで、これはお菓子の分類に入るのでしょうか?

2018/06/24 23:59
達さん、

プラム、ことに日本スモモ由来の品種、は酸っぱみと甘みがあって美味しいですね。西洋スモモ(プルーン)は酸味が少ないそうです。
我が家のものは、酢のほうがかなり強いようでもうちょっと甘かったらなぁと思います。(笑)そして、甘くなればさっさと食べないとグチャグチャになります。
これはお菓子ですね。いうなればフルーツパイの具だけを作っているようなものです。だから手で持っては食べられず、スプーンかフォークですくって食べます。
塩味のものはおかずになります。
櫻弁当
2018/06/25 08:05
プラムは香りも、変化する味覚も好きです。先日も購入し、季節感を味わっています。
青梅と類似した香りが好きですね。香りだけでも、随分と満足できます。
子供のころの記憶では、酸味が強いものや甘いものなど、いろいろなものがありました。皮ごと食べる食感も好きですが、オートミールと一緒のデザートは、初めて知りました。食感も楽しそうですね。
ベランダNO負(FREEHAND)
2018/06/25 13:14
日本でもプラム♪スーパーで出始めましたねぇ。。
大好きなんです~~
ballomam
2018/06/25 15:24
ベランダNO負(FREEHAND)さん、

我が家のサンタローザは日本スモモと西洋スモモの交配種だそうです。作られたのは100年以上前で、このサンタローザを含めて2〜3の同様の交配種プラムが日本に帰ってさらに品種改良されて今の品種があるようです。
プラムは、たしかに食べごろに食べると甘味、酸っぱみ、香りがあって美味しいですね。
オートミールは、お菓子ではクッキーによく使われますね。以前掲載したアンザックビスケットもオートミールが入っています。
櫻弁当
2018/06/26 11:13
ballomamさん、

プラムは今からが季節ですね〜。
プラムはわりに若い木でも生るので、お庭にいかがですか。ただし、酸っぱいサンタローザの他は自家受粉しにくいらしいので2種類植えないといけないのが問題かもしれません。
櫻弁当
2018/06/26 11:18
小さい頃は
プラム=高級な果物ただし田舎では(お中元でもらう)ジャムしか入手できない
すもも=その辺(庭や畑の片隅に勝手に生えてる)にワサワサなってる
という認識でしたよ
プラム=すもも と知った時の衝撃といったら、、、え〜っとそんな衝撃でもなかったかも(笑
マーシャの乳母や
2018/06/29 23:39
マーシャの乳母やさん、

そう、プラム=すももです。名前がカタカナになると印象が変わるんでしょうね。
その辺にワサワサなっている、ってその様子が目に見えるようです。我が家のがその通りです。(笑)
櫻弁当
2018/06/30 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラムの「クランブル(英名)」または「クリスプ(米名)]♪ - メリケン粉シリーズNo.58 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる