サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年6月上旬の団地と我が家の裏庭♪

<<   作成日時 : 2018/06/08 01:39   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

ブログを何年か書いていると、、気温や団地の様子などが年によってどう違うかわかって面白いものです。昨年のブログを見てみると、6月の下旬に最高気温が38〜40℃の日が数日あったようで、かなりうんざりした様子がうかがわれます。(笑)

画像
団地の二番池

と言いながら、今年(2018年)はもう35〜37℃の日がありました。ただいまのところは、太平洋から吹き込んでくるデルタブリーズ(Delta Breeze)と呼ばれる冷たいそよ風のおかげで、朝の最低気温は10℃ちょっと、午後の最高気温はは25〜30℃程度です。

サクラメント地方では、6月からは乾期に入り10月まで雨は全く降りません。でも、これは毎年のことで、冬の間にシエラネバダ山脈に降ったに雪で乾期を乗り越えます。

画像
大口バス

団地の池の水は意外にきれいで、大口バスや亀が泳いでいるのが見えます。カラフルな金魚や鯉がいればさぞかし面白いだろうと思うのですが、ここの池はサケが上ってくる水路につながっていて環境をなるだけ自然に保ちたいということで、そのような自然にない魚を池に放してはいけないらしいです。

画像
二番池に流れ込む
小川の周りに群生する
野生のブラックベリー

野生のブラックベリーはもうそこらへんに生えています。鋭いトゲがあるので一旦生えたらなかなか取り除くのは難しいです。

画像
団地の公園に生える大きなメープル

今年の冬にはまともに雨がよく降りました。そのせいなのか、今年はどの木も大きくなって葉がびっしり茂っています。
画像
メープルの葉(上)と実(下)

この木はカナダの国旗にあるような大型メープルです。この春急に育ったのか、いままでの記憶では、こんなに大きくはなかったような気がします。

画像
他所のお宅に咲き乱れるバラ
 
今年はバラもよく咲いています。

画像
スタージャスミン

グラウンドカバー(ground cover)によく使われるスタージャスミンも、今年はいつもより花がたくさんついて甘い香も強いように感じまいつもよりす。

スタージャスミンについて調べていたら面白いことを発見しました。スタージャスミンは和名はテイカカズラというそうです。(ウィキペディアより)
エェ〜ということは、能の「定家」で藤原定家が式子内親王に未練を残しその執心が死んだ後も式子内親王の墓にカズラになってまとわりついて成仏を妨げるというあれ?

実際には、可憐なスタージャスミンにはそのようなダークサイドがあるようには見えませんね。でも、たしかによく茂るけど。

画像
ガクアジサイ

そろそろアジサイも咲き始めました。

画像
マイヤーレモン

昨年は普通のレモンがたくさん生りました。今年は全然実がつきませんでした。その代り、マイヤーレモンは同じ木に花、1cmくらいの実、5cmくらいの実が同時に付いています。この木は幹の太さは2cm、高さは1mあるかどうかです。

画像
網をかけたチェリー

今年は実はまばらにしか生りませんでした。結局全部で800グラムくらい採れました。

ブラックフォレスト・チェリーケーキも作りました。乞うご期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
写真付きで残しているわけですから、比べてみると違いや変化が分かりやすいでしょうね。
こちらは梅雨に入って台風までやってくるという相変わらず変な気候です。
来週陶が恒例の梅取りに行きますが、実の出来不出来は毎年違っています。
昨年はとても立派でした。
やはり実ができるものは楽しみですね。
コマダム
2018/06/08 21:22
コマダムさん、

ブログは過去記事と比べてみるとけっこう面白いものですね。
梅雨はわかるけど、もう台風ですか。(@_@。これも地球の温暖化のせいなんでしょうか。
梅採り、楽しそうですね。
我が家の場合、ここ1〜2年野菜が全く育たなくなりました。何者かが芽が出るたび食べてしまいます。(泣)
櫻弁当
2018/06/09 10:47
スタージャスミンは妻が残してくれた花で、大切に育てていますが、ダークサイドというよりも、霊的なイメージを私に表現してくれます。
妻が無くなった年の夏、春に咲き終えた樹から、一輪だけ花をつけ、記念に一輪を押し花にしたのですが、数日後にまた同じ位置で一輪だけ花をつけました。
翌年も春に花を終えて、真夏に一輪だけ花をつけ、秋には二股の豆のような種子をつけました。
さやから、種子を枝豆のように取り出してみると、白い毛のようなものに覆われています。
いくつか埋めたところ、現在もゆっくりと育っています。
思い込みでも、不思議な二年間です。
ベランダNO負(FREEHAND)
2018/06/11 16:36
やはりスケールが違いますね。最初の写真は素晴らしい風景です。
それに木々の写真も日本のものと比べるとワイルド感が覗えます。
日本からUSに行かれた櫻弁当さんはやはりスケールの違いを実感されているのでしょうね。
実は僕も次回我家の裏庭をUPする予定なのですが、何だか箱庭のように思えて来ました(笑)

2018/06/12 15:18
ベランダNO負(FREEHAND)さん、

能の「定家」はちょっと暗い内容で印象に残っていました。スタージャスミンの和名がテイカカズラとわかった時は、蔓性の植物はクズとかツタとか色々あるのに香りがよくて可愛い花が咲くスタージャスミンとは?ととても意外な気がしました。
奥様がなくなられた年のスタージャスミンの話、覚えていますよ。不思議な現象でしたね。
スタージャスミンはそういうスピリチュアルな性質を感じさせる何かがあるのでしょうね。
櫻弁当
2018/06/13 10:23
達さん、

この団地はけっこうな大きさの池や公園を作ってあって、その周りを散歩すると手軽に自然を楽しむことができます。写真のメープルは繊細な日本カエデと比べると、どうしたかと思うようなワイルドさです。写真のものは15メートル以上はあるかもしれません。
でも日本も奈良や京都には森や大きな木やがまだ残っていますね。奈良や京都でふと思いついたのですが、日本人がこちらにある大木を見たら注連縄を付けたりするかも、などと想像してしまいました。(笑)
お庭の記事楽しみにしていますね。
櫻弁当
2018/06/13 10:46
ベランダさんからいただいたスタージャスミン、梅雨入りの頃からグンと成長してきましたよ
花が咲くのは来年かな?
レモンも来年に期待です
マーシャの乳母や
2018/06/16 00:12
マーシャの乳母やさん、

スタージャスミン、実生で育つんですね。すごいですね。来年が楽しみですね。
こちらでは、今年はことによい香りがしています。
レモンも若い木なのにもう花が咲くということは、実が付きやすい木なのかもしれませんね。これも楽しみですね。
櫻弁当
2018/06/16 05:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年6月上旬の団地と我が家の裏庭♪ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる