サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS フィジー・ニュージーランド・オーストラリア旅行 − その3 − ニュージーランドの海

<<   作成日時 : 2017/03/07 01:09   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

フィジーの次に降り立ったのはニュージーランドのオークランドです。オークランドの綴りはAucklandです。日本では、USのサンフランシスコの近くのOaklandと間違えやすいらしいですが

画像
Bay of Islands

この二つの都市は綴りも違うし、オオクランド(Auckland)とオウクランド(Oakland)と発音もはっきり違います。


オークランドはニュージーランドの北島にあり、ニュージーランドで最大の都市です。ニュージーランドの人口は約470万人で、オークランドとその近郊にはその3分の1近くの150万人の人が住んでいます。

そして、福岡市(福岡県)、大阪市(大阪府)、加古川市(兵庫県)、富岡市(福島県)、宇都宮市(栃木県)、品川区(東京都)というふうに、なぜか日本に姉妹都市がたくさんあります。(以上Wikipediaより)

画像

あいにくオークランドに到着した日は雨でした。バスでグルグル市内を見て回りましたが、南半球で一番高い建物のスカイタワーもこんな様子でした。


翌日はバスで北上しパイヒア(Paihia)という町に行きました。ここは南半球ですから、北に行くと暖かくなります。

画像

パイヒアは海辺の賑やかなりソートタウンです。

画像

ベイオブアイランズ(Bay of Islands)という小島がたくさんある大きな湾の奥にあり、ここから船で島々を見てまわったり砂浜になっている所に上陸しました。

画像

野生のイルカを見たり、18世紀のイギリスの探検家、キャプテン・ジェームズ・クックの上陸した島(Robrtson Island)のそばを通ったり

画像
Piercy Island

トンネル状に穴の開いた島にも行きました。この穴はThe Hole in the Rockと呼ばれ、この島は Piercy Islandと言います。島の高さは148mあり、この穴も高さ20mはあろうかというほどで櫻弁当たちの乗っている船は中を通りました。

画像

櫻弁当たちの乗ってきた船はこのような小さいボートと大きな船の中間くらいの大きさです。

今記事を書いていて気が付いたのですが、この船は双胴船(catamaran、カタマラン)のようです。どうりで速度もかなりあり、走っている時に船の先端に出るとどこかにつかまってないと風と揺れとで振り落とされそうになりました。

こういうところでは服装を考えないと、ひらひらしたスカートではかなりまずいことになります。(笑)

<おまけその1>− ニュージーランド訛り

ニュージーランドでは、地元のガイドさんはなくバスの運転手さんが運転しながらあれこれ説明したり話をしました。

その中で気が付いたいくつかの癖は、「え」が「い」になることです。だから、パーセントはパーシントと聞こえ、クウェスチョンはクウィスチョンと聞こえます。send a letter もシンド・ア・レターと聞こえます。
画像

もう一つは、「おう」が「おい」になることです。

バスの休憩であるベーカリーカフェに停まった時、お店にビーネンシュティック(蜂刺され)というドイツのケーキがあることに気が付きました。気になったので、お店のお姉さんにどうしてこのお店にドイツのケーキがあるのか聞いてみました。すると答えは「お店のオイナーはドイツ人で自分でケーキを焼いている」からだそうです。

ん?オイナー??あ、オウナー(owner)なんだ、とすぐにわかりましたが。

<おまけその2> − 人工スキー場
画像

ニュージーランド北島の北端に近いこの辺りは暖かくて雪は降らないようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スペルは違っても日本では同じカタカナ表記になってしまうんですよね
僕はオーストラリアが白豪主義の時代に育ったので、それなら行ってやるものかと思って、オーストラリアにもニュージーランドにも行ったことがないので、楽しみに拝見しています。
オーストラリアやニュージーランドではピアノを弾くことをアイ プライ パイアノと発音すると聞いたことがありますが、どうやら本当みたいですね(笑)

2017/03/07 20:15
達さん、

日本の発音は「オオ」と「オウ」の区別がしにくいですね。でも、こういう些細なことが積み重なって英語の発音ができるようになるのではないかと感じます。
白豪主義、いかにも差別的でしたよね。でも、今回行ってみて、在住の東洋人も多いし、差別的な雰囲気は全くありませんでした。かえってUSの田舎のほうが白人至上主義的な空気が残っています。
「えい」を「あい」と言う訛りはオーストラリアとジュージーランドのどちらでもありました。でも、オーストラリアのほうが際立っていました。オーストラリアのバスの運転手さんは「トゥダイはどこそこに行く」と言います。それを聞くと、初めは自分の頭の中で「トゥデイ」と言いかえていましたが、そのうちに「トゥダイ」はどこそこに行くのだと自分でも思うようになってしまいました。(笑)街では、アメリカ英語も問題なく通じます。
櫻弁当
2017/03/08 06:32
なまりと言えばメル ギブソンを思い出します
オーストラリアからハリウッドに進出したとき、なまりがひどすぎて通じなかったって(ってことは『マッドマックス』は吹き替えだった?! 笑)

海の色や風景を見ていると南国と勘違いしますね
確か緯度は日本と変わりない(南と北の違いはありますが)はず
マーシャの乳母や
2017/03/08 22:54
マーシャの乳母やさん、

マッドマックスはオーストラリアで作った映画で1980年にUSで公開されたときは吹き替えだったらしいですね。(笑)吹き替えの理由は、Wikipediaで見てみたら、オーストラリア英語とUS英語では巷の崩れたスラングが違っていてそのままではわかりにくかったからのようです。吹き替えといえば、アーノルド・シュワルツェネッガー(こちらはオーストリア出身)の英語の発音が酷くて「コナン・ザ・グレート」では声優を使ったのも有名ですね。
二月といえばこちらでは八月の気候になるので結構暑かったです。パイヒアは南緯35度にあるらしく、35デグリー・サウスというレストランがありました。北緯35度というと大阪や静岡、千葉の辺りのようですよ。

櫻弁当
2017/03/09 06:47
あ、やっぱり〜
英語なのに英語の吹き替えって(笑
シュワちゃんは、主役なのに極端に台詞が少なかった理由の一つらしいですね
マーシャの乳母や
2017/03/09 15:18
マーシャの乳母やさん、

スペイン語も世界中で話されていますが、スペインと中南米のそれぞれの国でも発音や言葉遣いなどかなり違うみたいですね。でも、お互いにあれれ?っと思いながらも通じますが。(笑)
シュワちゃんは、その後カリフォルニアの州知事になりましたね。大したものです。(笑)
櫻弁当
2017/03/10 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィジー・ニュージーランド・オーストラリア旅行 − その3 − ニュージーランドの海 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる