サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリアで食べた「オレンジアーモンドケーキ」♪の意外な起源

<<   作成日時 : 2017/04/25 00:57   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

ことの始まりはオーストラリアのとあるベーカリーでランチを食べた時、お連れのDさん夫婦が分け分けしてくださった「オレンジアーモンドケーキ」であります。このケーキはアーモンド粉が使われ

画像

小麦粉は全く入っていないという今時流行のグルテンフリーでした。そのうえ丸ごと茹でたオレンジを潰したものが入っているというかなり荒唐無稽なケーキでもありました。

このケーキは、とてもしっとりとしてかすかに苦みのあるマーマレードのような味がします。櫻弁当のようなマーマレード好きにはたまりません。でも、マーマレードの苦みが嫌いな方や小さなお子さんにはちょっと合わないかもしれません。

それにニュージーランドで買った「ニュージーランド・クックブック」にはこのケーキのレセピが載っていました。

というわけで、この一風変わったケーキの背景を知りたくて、また一所懸命調べまわったんですよね。すると「アッ!」と驚く展開となりました。

詳しく言うと話がとても長くなるので、このケーキの作り方の後で要約を<おまけ>に付けました。御用とお急ぎでない方はどうぞご覧ください。

オレンジアーモンドケーキ − 直径15cmの円形の焼き型か約10cmx20cmのパウンド型一つ分 (直径20〜23pの円形の焼き型か大型のパウンド型にはこの材料の2倍にするとちょうど良いです。そのときは焼く時間を10分延長してください。)

材料: 

・ ミカンか小さ目のオレンジ(無農薬でノーワックスのもの) − 1個(200〜250グラム) − よく洗う − ここでは家で採れた金柑を使いました。
・ 砂糖 − 80グラム
・ アーモンド粉 − 80グラム
・ 卵 − 2個 − 黄身と白身に分けておく
・ ベーキングパウダー − 小匙半杯弱
・ 好みでアーモンドまたはアーモンドスライスまたは粉砂糖 − 適宜 − 飾りのためなのでなくてもよい
画像


手順:

・ 鍋に水とオレンジを入れ茹でる。まず20分茹でたら湯を捨て、水を入れてさらに40〜60分柔らかくなるまで茹でる。最初に茹でこぼすのは幾分か苦みを取り除くためです。金柑なら10分茹でて水を替えさらに20分茹でると十分柔らかくなります。
・ ここまでを前日に済ませておいてもよいです。
画像

・ 直径15cmの底が取れるタイプのケーキ型(スプリングフォームパンという)の底にオーブンペーパー(またはパーチメントペーパー)を敷き、分量外のバターをオーブンペーパーとケーキ型の横に塗っておく。
・ 底が取れるケーキ型がない場合は、普通のケーキ型で下のユーチューブを参照して作ってください。
画像

・ 茹でたオレンジ(または金柑)を大まかに切って、種を取り除く。
・ オーブンを点火し190℃にセットする。
画像画像

・ 切ったオレンジをフードプロセッサーでブッブッとパルスして潰す。途中で時々取り忘れた種がないか調べ取り除く。
画像

・ オレンジが潰れたら、半分の砂糖、アーモンド粉、卵黄、ベーキングパウダーを加え、一様になるまでプロセスする。
画像

・ 卵白を電動泡立て器で1分泡立て、残りの砂糖を加え、さらに2〜3分高速で泡立てる。泡だて器を止め持ち上げるとスッと角が立てばよいです。
画像

・ オレンジと卵黄の混合物を泡立てた卵白に加え、泡をつぶさないようにヘラで切り混ぜる。一様になればよいので、それ以上長々と混ぜる必要はありません。
画像画像

・ 用意したケーキ型に生地を入れ、ヘラで平らに均す。好みでこの時にアーモンドやアーモンドスライスで飾ってください。
・ 温まったオーブンで190℃で10分焼き、そのまま温度を160℃にセットし直しさらに40〜45分焼く。
・ 焼き型に満遍なくバターを塗らないと↑のように部分的にくっ付きます。
画像

・ オーブンから取り出し、そのまま15分ほど冷ます。手で触れるようになったら、ナイフでそっとケーキと焼き型を離し、外枠を外しナイフで底をはがしてお皿にとる。

このケーキは出来立てより、翌日のほうが味が落ち着いて美味しくなります。好みで粉砂糖を振ったり、プレーンヨーグルトやホイップした生クリームを添えて召し上がってください。もちろん、そのままでも美味しいです。

↓のユーチューブではオレンジシロップをかけてさらに甘くしているようです。これはそれぞれの人の好みですね。

<おまけ> − このケーキはどこから来たかという話の要約

オーストラリアで何気に食べた
「オレンジアーモンドケーキ」

画像
レセピが「ニュージーランド・クックブック」にも載っていた。

フムム・・・「オレンジアーモンドケーキ」は
オーストラリアとニュージーランドの名物かな?

さらに検索してみるとこのレセピは
クローディア・ローデン(Claudia Roden)という人のものらしいと判明。

クローディア・ローデンとは何者?

クローディア・ローデンは1936年にエジプトのカイロで生まれ、
パリで教育を受け、今はイギリスに住んでいる文化人類学者で、特に
中近東から北アフリカの料理の本の著者として有名…何と!
(Wikipediaより)

このケーキは北アフリカや中近東の辺りの食べ物であったのだった。

さらなる証拠としてモロッコ料理を紹介するフードブログと
ユーチューブにもこのケーキが載っていた。



キャ〜!こういうふうに調べて物事がわかるってもう大好き!!そのケーキがどうしてオーストラリアやニュージーランドに現れたのかちょっと不思議でもありますが。(笑)

まぁとにかく、オレンジを茹でるところはこのユーチューブをご覧くださいね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
作られるだけでもすごいのに、なんで?の追及をされるなんてエライ
そういえば、コメに書かれている事柄にもググッておられますものね
ケーキはアーモンドプードルたっぷりで間違いなくおいしいでしょう。さっくり、しっとりで軽いように思うんですが・・・
コマダム
2017/04/25 21:13
コマダムさん、

なんでも知りたがりで、これはもう病気みたいなものなんです。(笑)近頃ではインターネットがあるのですぐググれて便利ですね。でも、半可通の人が真実でない情報を載せていることも多いです。インターネットは便利だけれど気を付けなければとも思います。
このケーキはタネを混ぜ合わすとき、卵を泡立てるやり方とそのまま混ぜてしまうやり方があります。泡立てるとひと手間かかりますが、軽く仕上がります。
櫻弁当
2017/04/26 10:46
アーモンドとオレンジ♪美味しそうですねぇ。。
きっと私の好きな味ですね
こんなケーキ作れると・・・羨ましいです〜〜
ballomam
2017/04/26 11:23
ballomamさん、

これ、ちょっと風変わりで美味しいケーキなんです。きっと、ballomamさんも気に入られると思います。
ケーキを焼くのは、慣れると案外簡単なんですよ。
櫻弁当
2017/04/26 12:13
恐らくキャプテンクックがケープタウン経由でモロッコから持ち込んだのでしょう。そうに決まっています(笑)
オーストラリアで偶然食べたケーキのルーツ探し、櫻弁当さんの面目躍如ですね(^-^)v
拝見していて久し振りにロッテアーモンドチョコレートが食べたくなりました。

2017/04/26 20:01
へぇ〜 オーストラリアで食べたケーキがモロッコ出身とは、世界は狭いですねぇ(笑
サクサクでほろ苦いケーキ♪ 絶対私好みだわぁ
マーシャの乳母や
2017/04/26 21:14
達さん、

は〜、なるほどそういう経路もありましたね。(笑)
このケーキはオーストラリアとニュージーランドの名物だとしても、それはそれで納得したのです。でも、クローディア・ローデンなる人物が浮かび上がり、思わぬ展開となりました。(笑)
アーモンドといえば、前大統領のオバマさんは毎日必ず7粒アーモンドを食べるのですって。(特別オバマさんのファンでもないけど。
櫻弁当
2017/04/27 10:29
マーシャの乳母やさん、

ほんとに、何がどこで出てくるか、予想もできませんよね。(笑)
マーマレードがお好きなら、これは絶対乳母やさん好みのケーキですよ。日本のケーキ屋さんで売っているといいのですが。
櫻弁当
2017/04/27 10:33
グルテンフリーは興味があります。
フリーハンド(ベランダ主夫)
2017/04/28 23:31
フリーハンド(ベランダ主夫)さん、

グルテンフリーのスイーツはわりにあるのですよ。また時々載せますね。
櫻弁当
2017/04/29 12:40
私も末席でグルテンフリー学ばせて下さい。
(*ノ▽ノ)
うき
2017/05/08 15:00
うきさん、

このケーキや以前掲載したトルタカプレーゼは小麦粉を使っていないグルテンフリーです。
でも、うきさん、あれだけパンを作って今更グルテンフリーって(@_@。パンを捏ねて出るあの弾力は小麦粉のたんぱく質のグルテンから来ているのですよ。
グルテンフリーにあまりこだわらず、美味しいケーキなのでお試しくださいね。
櫻弁当
2017/05/09 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストラリアで食べた「オレンジアーモンドケーキ」♪の意外な起源 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる