サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 在米ベトナム人元日本留学生の新年会2018♪

<<   作成日時 : 2018/03/06 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6

2018年の旧歴のお正月は2月16日でした。日本ではもう旧暦は使いませんが、ベトナムではお正月は何が何でも旧暦のテトなのです。そんなことで、その一週間ばかり後にサンノゼ(San Jose)で在米ベトナム人元日本留学生の新年会があり、行ってきました。

画像

サンノゼ付近にはおよそ50〜100人のベトナム人元日本留学生がいます。この人達は1975年に南ベトナムが負ける前に南ベトナムから日本に勉強しに来た人達です。ハビーもその一人です。

元日本留学生は年齢的には、一番若くて60代前半、今回の新年会の長老は1958年に留学した人で80才近くです。時々若い奥さんを連れてきている人もいるので、参加者の最年少はおそらく40才台でしょう。

でも、今回の参加者を見た印象は、皆だんだん年を取っているな〜、でした。(まぁ、人のことは言えないけれど。

新年会はステージのあるベトナム料理店を貸し切り、参加者は100人くらいでした。会費はたったの35ドルです。

夕方5時に集まり、6時から食事でした。
画像
前菜のサラダ

画像
差し入れの赤ワイン

画像
スープ

画像
蒸し鶏

画像
塩エビ

画像
炒飯

ここで炒飯が出て、これで終わりなのだと思ったら・・・

画像
牛肉の甘辛焼き

まだ出てきました。
画像
魚のフライ

画像
シイタケと青梗菜の炒め物

画像
食後のメロン

これで櫻弁当の今晩のメインイベントは終わりました。

でも、他の方たちにはここからがメインです。これから2時間の歌ありダンスあり漫才(風なもの)ありの学芸会(冒頭の写真)で、これが皆さまが心待ちにしているイベントなのであります。

それもただ見るだけではなく参加する、というか、聞いた話によるともう2ヶ月も前から一週間に一度は集まって練習しているらしいのです。信じられないくらいの熱の入れようです。もう一人の日本人の参加者のS子さんも、皆よくやるわよね、日本人とはエネルギーが違うね〜、と感心することしきりです。

ベトナム人の(一部の)ご婦人たちはアオザイをこの日のために何着も作り、お色直しのようにとっかえひっかえ着替えます。男性だって負けていません。今回はなんと男女17人ずつの紅白歌合戦までありました。

こういう学芸会は、たまに古〜い日本の歌謡曲が出てきますが、全部ベトナム語なので意味はほとんどわかりません。S子さんも、言葉が分かったらもっと面白いだろうにね、といっていましたが、同感です。

ベトナム人と日本人の国民性を比べると、ベトナム人は人の目や評価を気にしないで自分のやりたいことをやるようです。だから、上手下手にかかわらず人前で自分の芸を見せたい人が多くて、学芸会の参加者には事欠きません。

たぶん、一年に一回皆集まって、人の前でいいとこ見せるのがのがすごく楽しみなのだと思います。

画像
翌朝、一路サクラメントへ

今回はハイウェイも空いていて、2時間くらいで帰りました。

<おまけ> − 寒の戻り?

2018年は1月下旬2月上旬はとても暖かく、この様子ではすぐにも春がやってくるのではと期待しておりました。が、そうは問屋が卸さないというのが世の常というのでありましょうか。2月下旬はとても寒く氷まで張るありさまです。
画像画像
芝生は霜で真っ白、道には薄氷が張っています。


画像
そんなことで、猫も丸くなっておりまする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ベトナム料理は野菜や甲殻類、魚、肉などバランス良く組み合わされているのですね。中国料理よりも好感が持てます。
同様に、昨今の中国の情勢などから、いろいろ仕事上の動きがあると思いますが、今まで中国に生産を拠点を置いていた企業が、ベトナムに移転するなどしていますよね。
私も、今後は中国からベトナムなどに、日本企業が生産を依頼してほしいと思います。
理由は、クオリティが中国よりも高そうな気がします。確証はないですが、友好的な作業を放棄してる気がするからです。
もとへ・・。
移民を受け入れる、アメリカが好きです。
トランプの人格的壁を何とかしてほしいと思います。
ベランダ脳負(FREEHAND)
2018/03/06 12:36
同じお米文化のアジア人でも違うもんなんですね〜
お料理は中華の色あいが強いように見えますが、ベトナム料理ってこの様な感じですか?
食には消極的な私ですが、これはおいしそうです。
日本人は宴会というと身構える所があるほうだと思うので、幹事さんは演者をお願いするのが大変そうですが、こちらは
時間内に終わってもらうのがたいへんそうですね。
コマダム
2018/03/06 13:43
テトという言葉からはベトナム戦争のテト休戦を思い出す世代です。
異境の地にあっては、何か一つのことで繋がっている仲間がそのつながりを大切にする意識が強いのでしょうね。
そのせいか料理も豪華で洗練されていますね。
最初はベトナム料理だったのが、炒飯を境にして中華料理風に変化してゆくことも興味深いです。
会費が35ドルとは驚きです。
国民性の違い。僕なんかはどうしても冷めた目で見がちですが、どちらが幸せなんだろうかと考える年代になりました
こちらもやっと温かくなったと思ったら寒の戻りです

2018/03/06 13:48
ベランダ脳負(FREEHAND)さん、

ベトナム料理の素材は肉、魚介類、野菜などバラエティーが大きいです。揚げ物や油も使うのですが、調味料のせいか中華料理のように油っこい感じはあまりないですね。
最近では製造業などのビジネスをベトナムに移転する傾向があるようですね。中国人はやればできるのだろうと思いますが、何となく質が悪いという印象が染みついてしまいました。その点、ベトナム人は真面目に丁寧な仕事をするかもしれません。でも、政府のビューロクラシーが激しくて、難儀するかもしれません。そういうことに負けないよう日本のビジネスマンには頑張って欲しいです。
人格的壁ね〜、あれは死ななきゃ治らないビョーキかもしれません。(笑)
櫻弁当
2018/03/09 12:19
コマダムさん、

同じお米を食べても、違いますね〜。(笑)
ベトナム料理は美味しいですよ。中華料理に似ているところもありますが、さっぱりしています。特徴はそれぞれの料理にかけ汁が付くことです。ピリ辛い料理も多いですが、たいていそのかけ汁が辛くて、自分の好みにに調整できるようになっています。
時間内に終わってもらうのに苦労する、あるある、です。(笑)ある時など、貸し切りの時間制限もあるので出演を断ったら苦情が出たこともあったらしいです。日本人とは何かが根本的に違っています。
櫻弁当
2018/03/09 12:31
達さん、

そう言えば、テト攻撃もありましたね。テトはどうやら中国語の節から来た言葉みたいです。たぶん春節を短くしたものじゃないかと思います。
何か一つのことで繋がっている仲間、そういう意識があると思います。在米ベトナム人と一言で言っても、ちゃんとした人もいればそうでもない人もいます。そういう中で、日本に行って勉強してきた人同士では一定のレベルというか基準があるので安心できるのかもしれません。
料理は35ドルだったので、それほど期待していませんでした。(笑)でもまぁまぁよかったです。たしかに、炒飯辺りから中華料理風になってきたかもしれません。(笑)
いつもなら学芸会の途中でソ〜ッと抜け出すのですが、今回は紅白歌合戦のスコアカードがテーブルに置いてあってスコアを付けねばならなかったので最後までいました。抜け出せないようによく考えたものです。(笑)皆さん楽しそうでしたよ。
櫻弁当
2018/03/09 12:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
在米ベトナム人元日本留学生の新年会2018♪ サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる