サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS メモリアル・デーの週末のオールド・サクラメント♪ − 2018年5月

<<   作成日時 : 2018/06/01 01:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

USでは毎年5月の最終月曜日はメモリアル・デー(Memorial Day)という祝日です。それで、この間の5月26日の土曜日にオールド・サクラメントに行ってきました。

画像


メモリアル・デーの日本語訳は戦没将兵追悼記念日だそうです。この日には軍人関係の方々は厳かな追悼式を執り行います。

メモリアル・デーは、また、非公式に夏の始まりを記念する日でもあります。この日からプール開きになり野外のバーベキューのシーズンが始まるわけです。そして、公立の学校は6月中旬に学校の年度が終わり、8月の下旬に新年度が始まるまで休みになります。年度の終わりなので夏休みの宿題なんてありません。

話を元に戻して、でも、今回は何もわざわざメモリアル・デーの週末を選んでオールド・サクラメントに行ったのではありません。
画像
オールド・サクラメントは
サクラメントのダウンタウンの一角にある
19世紀の街並みを保存した歴史地区です。

ハビーは1970年代に関西に留学していにました。その頃から知り合いだったBさんとDさんというベトナム人夫婦がサンディエゴにいまして、サンノゼの元日本留学生ベトナム人の新年会などで時々会って話しをしたりしていました。もう40年以上の知り合いになるわけですね。

Dさんは一度サクラメントの行きたいと会うたび言っていました。そう言いながらもう何年も来ないので、ハビーは今年の新年会で会った時、来るのだったら車じゃなくて飛行機でおいでよ、サクラメント空港に迎えに行くし後は全部面倒見るから、と言いました。サクラメントとサンディエゴの距離は800キロ以上あるからです。


それからしばらくしてDさん夫婦から5月の25日の金曜日に来て金、土と二晩泊まってもよいかという連絡がありました。飛行機の切符を買ってまでして来てくれるって大したものではありませんか。

そんなわけで、Dさんたちは金曜日の夕方に到着し、翌日の土曜日にオールド・サクラメントに行ってみたのでありました。
画像
今回はこのようなオリーブオイルとバルサミコ酢を味見できるお店に行きました。

画像
このようなドアから入っていくと・・・

画像

何十種類もの果物やスパイス、ハーブなどでフレーバーを付けたオリーブオイルとバルサミコ酢が置いてあって、小さなカップに数滴垂らして味見ができます。

始めは様々なフレーバーが面白くてあれもこれも試してみましたが、後になってくるとフレーバーなしの上質のエキストラバージンオリーブオイルとか20年物のバルサミコ酢とかが美味しく感じられました。

以前、シナモンだのキャラメルだのシフレーバーの付いたコーヒーが流行ったことがありました。しばらくはそういうコーヒーをよく飲みましたが、今では質の良いコーヒーそのものの味わいが美味しいように思います。オリーブオイルやバルサミコ酢も似たような感じですね。

画像

それから通りに出てみると、このようなクラッシックカーの展示が行われていました。

こういう展示を見たのは初めてです。メモリアル・デーの週末の特別イベントだそうです。
画像

どの車も持ち主にとっては宝物らしくて、中も外もピッカピカに磨き上げています。エンジンは手作りなのかもしれません。機種はシボレー(Chevrolet)が多かったです。
画像

ダッシュボードも最近の車と比べるとずいぶんスッキリしています。トランスミッションのギヤはハンドルの軸から横に突き出しています。
画像

そうやってあちこちの車を見たりお店を覗いたりしているうちに、ボートを引いた朱色のクラシックカーが人が歩く速さよりもゆっくりと入ってきました。ボンネットにあるのはたぶんエンジン音を増幅するアンプのようなものなのでしょう。時々エンジンを吹かせるとうるさいのなんのって、皆さんの注目の的になっていました。

画像

そうしているうちに、今度は道の裏側(ボートの後ろ側)に煙を吐きながら汽車が走って来ました。英語には幼児語はあまりないのですが、こういうような蒸気機関車は幼児語でチューチュートレイン(choo choo train)と言います。汽車ポッポという感じでしょうか。そして大の大人でも臆面もなく幼児語を使います。

オールド・サクラメントの一角にはカリフォルニア鉄道博物館があり本物の汽車が走れる線路があります。でも、今まで来た時には汽車は出てなかったし、ましてや乗れるというのも聞いたことがありません。

Dさんはチューチュートレインに乗りたいと言うし、そういえば、元来た方に切符売り場というサインを見たので行ってみました。すると、次の汽車は1時間以上後に発車で乗車時間は45分でした。

お昼をここで食べて時間を潰して汽車に乗ってもいいけれども、お昼はよそで豚骨ラーメンを食べようということになっていたので諦めました。

Dさんは先ほどのオリーブオイルとバルサミコ酢のお店に戻ってお土産を買いました。

でも、祝日にはいろいろなイベントがあるものですね。オールド・サクラメントには何回か来ましたが、こういうのは初めてでした。面白かった〜。

<おまけ> − ラーメンハウス龍神の「豚骨赤」 

画像

ちょっとスパイシーで美味しいです。

アメリカ人は「オ」と「ア」の区別が甘いので、トンカツラーメンという人がかなりいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
バルサミコ酢は外食ではいただきますが、自分では使いこなせないので、もっぱら米酢を愛用しています。
米酢もいろいろあるんですよ。
必ず一日一回はお酢は使っています。
気に入ったものを長く使っていくようになりましたね。
トンカツラーメン、ありそうな気もしますよ。
コマダム
2018/06/02 13:58
休日やお祭りの日は人混みが嫌で外出しませんが、たまには出かけてもいいかもしれませんね
面白いイベントがあるかもしれないし!

トンカツラーメン、なかったっけ???
マーシャの乳母や
2018/06/02 23:26
僕にも学生時代に親しくしていた年上の同級生が、往時が懐かしいからと常陸大田市とういう田舎からわざわざ京都を訪ねてくれたという思い出がありますが、それほどに学生時代の友人というのは不思議なつながりがあるのでしょうね。
オールドサクラメントには僕らの年代が映画で知るで西部劇のセットの面影がありますね

オイルミックス、さすがアメリカって感じの品揃えです(@_@)
こういうお店が成り立つのもUSならではなのでしょうね。
バルサミコ酢は詳しくないけれど、オリーブオイルはやはり混ぜ物のないピュアなバージンオイルの上ものが一番美味しいと感じます。
野菜サラダにかけるとその良し悪しがよく分いますね。
クラシックカーは日本車でも同様に宝物のように扱っている人たちがいますが、アメ車のクラシックカーはやはり圧巻ですね。
最近テレビで見たキューバを思い出しました(笑)
龍神のこれはピリ辛ですか?紅ショウガは要らんかなって感じですが、チャーシュー・煮卵を含め美味しそうです♪

2018/06/03 08:52
コマダムさん、

我が家にはスーパーで売っている安価なバルサミコ酢があります。まだそのものを味見したことがなかったので、試して舐めてみました。我が家の物は酸味がきつく味に深みがなくて、オールドサクラメントのものとは全く別物でした。これは色は黒いけれど普通の酢ですね。(笑)
米酢もいろいろあるのですね〜。
そうそう、そこなのですよ。トンカツラーメンもあるかもしれません。でも、トンコツラーメンをトンカツラーメンと呼ぶと、本当のトンカツラーメンは何と呼べばよいのでしょう?


櫻弁当
2018/06/04 10:52
マーシャの乳母やさん、

私も、人出の多い所は苦手ですね。でも、ちょっと朝早めに行くと、まだ人が来ていなくて催し物は見られていいみたいですよ人が多い観光スポットもそんな感じです。
トンカツラーメン、ほんとにあるかもしれませんね。
櫻弁当
2018/06/04 10:59
達さん、

へぇ〜、そんな話がおありなのですか。学生時代の交友関係は後になるほど良さが分かるものかもしれませんね。
こういう建物は、西部劇で流れ者が街のサローンに入っていったら酒を飲んでいた地元のカウボーイたちがジロッと見るような場面に出て来そうですね。(笑)
オリーブ・ミックスはほんとにオリーブオイルとバルサミコ酢だけ何十種類も売っていました。お値段も、一番小瓶の60cc入りは6ドルもします。大瓶を買えば割安ですが、全部使うかな〜、とちょっと考えてしまいます。
このお店のバルサミコ酢は、酸味はとてもまろやかでトロリとして香りが高く甘味があります。食べ方はアイスクリームやパンやケーキや果物に垂らしていただくとよいようです。果物でフレーバーを付けたものは甘すぎてほとんどシロップのようでした。
オリーブオイルも良いものになればなるほどそのものを味わうのが一番美味しいみたいですね。
クラシックカーはあんなにたくさん一度に見たのは初めてでした。訳も分からないのに機械をのぞき込んだりしましたが、面白かったです。(笑)
この「赤」はピり辛です。と言っても、ほんのちょっとですが。(笑)このお店には様々なラーメンがあります。でも、一番の売りはトンコツで、赤、白、黒と三色あります。白は基本で、黒は黒ゴマ風味です。これで三色全部食べましたが、どれもまぁまぁOKです。
櫻弁当
2018/06/04 11:39
ある種手作り感のあるイベントが素敵ですね。古いことが劣るというのは間違いですね。シボレーの車の内装などを拝見しても、無駄がないことが素敵です。デザインは引き算ですから、昨今の車は、子供が多くの機能を乗せていく、ヒーローのようなものに感じます。
確かに便利な部分は、あっても、楽しむ余裕を感じません。
Simple is bestですね。
何よりも、さわやかな空気感が画像から伝わってきます。
ラーメンを、このように見るのも楽しいです。
ベランダ脳負(FREEHAND)
2018/06/05 14:17
ベランダ脳負(FREEHAND)さん、

このイベントは私が知らなかっただけで毎年あるのかもしれません。時々、持ち主さんがそばにいて、聞いたらいろいろ教えてくれそうでした。そこまで知識がないので質問できませんでした。質問できるということはある程度知っているということですね。
車の内装は本当にスッキリと広々として、とてもナイスだなと思いました。当時はシートベルトはなかったはずなのについているところを見ると、こういう車今でもちゃんと走れるのでしょう。
ラーメンをこのように見る、ってどのようにでしょうか。(笑)
櫻弁当
2018/06/06 06:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
メモリアル・デーの週末のオールド・サクラメント♪ − 2018年5月 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる