サクラメントの櫻弁当

アクセスカウンタ

zoom RSS 「干しイチジク」と「イチジクバター」♪ - 採れ過ぎのイチジク対策

<<   作成日時 : 2018/08/10 02:18   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 9

我が家で毎年間違いなく採れる果物は、6月のサンタローザ・プラムと6月から9月いっぱいまで採れるイチジクです。特に今年のイチジクの実は大きく立派です。

画像


我が家のイチジクの木は、昨年かなり切りこんで、高さは2メートル余りしかありません。枝もかなり間引きましたが、春先によく降った雨のせいか、もう枝垂れイチジクかと思うほど枝が垂れ下がって茂っています。
画像


たくさん採れるのはありがたいのですが、次から次に熟して生のままでは食べきれずどうしてよいか困るほどなのです。そこで何とか容量を減らす工夫をしました。
画像

まず、手っ取り早く干しイチジクです。アルミフォイルを敷いたお盆に並べて時々裏返しながら日干しです。夜は家に取り込みます。

干しイチジクはスルメのようにカラカラに乾くと美味しくないし、あまり水気が残っていると傷みやすいし、で、まだ柔らかいけれども糖分が濃縮されて傷みにくいという状態にもっていかねばなりません。
画像

↑の写真で3日目で、かなり小さくなりました。これで試食してみるとまだ水気が多いかなというところです。後数日待った方がよさそうです。

毎日、試食して点検して、だんだん数が少なくなってきましたが、また次の収穫があるので困りません。(笑)干しイチジクはしっかり熟して甘味が出たもので作ると美味しいです。
画像


さて、イチジクバター、これは数年前に桃がたくさん採れた時に作った桃バター(←レセピ)に準じて作りました。バターにすると大体3分の1くらいの容量になります。

画像


作り方を簡単に言いますと、軸の固い所をとった皮付きのままのイチジク800グラムに対して水を100t加え、20分ほど柔らかくなるまで煮ます。鍋の外側が触れるくらいまで冷まします。ここまでを前日にしておいてもよいです。

ミキサーがフードプロセッサーで加えた水も全部一様になるまで潰し、鍋に戻します。砂糖100グラム加え沸騰させ、弱火に落とし餡を錬る要領でヘラで常にかき混ぜながら練っていきます。途中で粉末シナモンを小匙半杯加えてください。

柔らかめの餡くらいになれば出来上がりです。こうなればスプーンを逆さまにしても落ちなくなります。ここまで来るのに、だいたい1時間半くらいはかかります。

途中でイチジクが沸騰し跳ねがかかると熱いですから火傷しないように注意してください。

イチジクバターはジャムのようにパンに塗ったりプレーンヨーグルトに入れたり、フィグニュートンというイチジク餡の入ったクッキーに使ったりします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
乾燥イチジク良いですね!近所のパン屋さんで、クルミと一緒に焼き上げたものに、クリームチーズを挟んだものを気に入って買っています。
イチジクの乾燥が難しいのは、想像がつきます。白い樹液がかゆくなるのがつらいですが、子供の頃に庭に生えていて、随分と食べました。
バターと一緒・・・良いですね!
ベランダ脳負(FREEHAND)
2018/08/10 13:02
追伸:バター状態ですよね。
鳥や動物には狙われないのですか?
ベランダ脳負(FREEHAND)
2018/08/10 13:05
沢山摂れるのですねぇ。。
干しイチジクはお料理にも使えそうですね。
ballomam
2018/08/10 14:48
ベランダ脳負(FREEHAND)さん、

そうそう、お菓子やパンにドライフルーツとして使えますね。干しイチジクはかさも小さくなるし冷凍するとけっこうもつし、で、便利です。もちろん、白い樹液でかゆくなりながら生でも食べます。(笑)
フルーツバターは少な目の砂糖で煮詰めて、室温に置いて柔らかくなったバターくらいの固さのジャムの一種です。だから、バターは入っていません。
我が家には物を食べに来る野生の動物は多いのですが、今のところそのまま置いても大丈夫みたいです。(でも明日はどうなるか…?(笑))


櫻弁当
2018/08/11 07:06
ballomamさん、

我が家ではプラムとイチジクだけが採り放題です。
干しイチジクはけっこうもつし、色々使えて1年ぐらい楽しめます。
櫻弁当
2018/08/11 07:09
大きくて美味しそうなイチジクですね〜♪お近くなら対策協力なんぼでもしますのに〜 ^^) 。バターとジャムはどう違うのですか?コンフィチュールというのも聞いたことがあります。
WEST
2018/08/11 12:42
WESTさん、

今年のイチジクは特に立派なのにです。
いやほんまに、お近くだったらええのにね〜。
大まかにですが、ジャムは砂糖と酸味とペクチンの作用で透明でゼリー状になっています。フルーツバターはジャムに比べて加える砂糖分は少ないですが、煮詰めて透明感がなく餡子のような状態です。
コンフィチュールは、おフランス語でジャムという意味です。
櫻弁当
2018/08/12 09:54
前にも何度か言ったことがありますが、子供の頃、庭というか無花果畑に櫻弁当さんが収穫されたような皮があずき色の無花果と、もっと小さくて丸く皮が緑色の無花果の木が10本ほどあったので、実が熟す頃になるともいでそのまま食べていました。
だから無花果と聞くとそのことを思い出して懐かしくなります。
あの頃はジャムを作っても食べきれないので、ご近所に分けていましたね。

2018/08/17 17:23
達さん、

2種類のイチジクの木が10本も、ですか。きっと夏じゅう採り放題食べ放題ですね。
ジャムにすれば長持ちします。と言っても食べるにも限りがあるので、やっぱりご近所におすそ分けですか。こちらでも、気心の知れた人には差し上げることもあります。でも、もののわからない人もいます。ある人にある時新鮮なキュウリをあげたら皺皴になってカビが出るまで放ったらかしということがあって、この頃は人をよく見てからあげています。(笑)
櫻弁当
2018/08/18 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「干しイチジク」と「イチジクバター」♪ - 採れ過ぎのイチジク対策 サクラメントの櫻弁当/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる